闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

「 小児歯科学 」 一覧

no image

105A-12 小児歯科学

混合歯列期の口呼吸によって生じるのはどれか。1つ選べ。
a 上顎歯列弓の狭窄
b 上顎前歯の舌側傾斜
c 下顎前歯の舌側傾斜
d 下顎下縁平面の平坦化
e 下顎骨の前方成長の促進

no image

104C-35 小児歯科学

  2014/08/04    小児歯科学, 104回 C問題

10歳児が新生児よりも小さい値を示すのはどれか。1つ選べ。
a 肺活量
b 心拍数
c 循環血液量
d 1回換気量
e 収縮期血圧

no image

103A-32 小児歯科学

  2014/08/01    小児歯科学, 103回 A問題

乳児型嚥下で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 舌が前方に突出する。
b 上下の顎堤が接触する。
c 咬筋の活動が増加する。
d 口輪筋の活動が低下する。
e 歯齢ⅢA期に成熟型嚥下に移行する。

no image

105C-28 小児歯科学

Hellman の歯齢で、すべての第一大臼歯の萌出完了期を示すのはどれか。1つ選べ。
a ⅠA 期
b ⅡA 期
c ⅢA 期
d ⅣA 期
e ⅤA 期

no image

105C-19 小児歯科学

  2014/07/19    小児歯科学, 105回 C問題

定型発達をしている小児が1歳ころに人でできるようになるのはどれか。1つ選べ。
a 上着を脱ぐ。
b はしを使う。
c コップで飲む。
d 歯磨きをする。
e 手を洗ってふく。

no image

105C-12 小児歯科学

  2014/07/12    小児歯科学, 105回 C問題

乳幼児の体重と身長の釣り合いを評価するのに用いられるのはどれか。1つ選べ。
a 頭指数
b 発達指数
c Kaup 指数
d Rohrer 指数
e 身長パーセンタイル

no image

105C-5 小児歯科学

乳児に比べて幼児で数値が大きいのはどれか。1つ選べ。
a 体 温
b 血 圧
c 心拍数
d 呼吸数
e 白血球数

no image

104A-5 小児歯科学

  2014/07/05    小児歯科学, 104回 A問題

定型発達の小児が2歳0か月までにできるのはどれか。1つ選べ。
a 片足で立つ。
b 数を数える。
c スプーンを使う。
d 一人で服を着る。
e 一人で歯磨きをする。

no image

小児歯科

  2014/05/22    小児歯科学

大泉門の閉鎖遅延を伴う疾患はどれか。全て選べ。
a くる病
b Down症候群
c Apert’s症候群
d Crouzon症候群
e 鎖骨頭蓋異骨症

no image

107C-26 小児歯科学

  2014/05/21    小児歯科学, 107回 C問題

日本人の下顎永久歯の放出順序で最も多いのはどれか。1つ選べ。
a 1 → 2 → 3 → 6 → 4 → 5 → 7
b 1 → 2 → 6 → 3 → 4 → 5 → 7
c 1 → 6 → 2 → 3 → 4 → 5 → 7
d 6 → 1 → 2 → 4 → 5 → 3 → 7
e 6 → 1 → 2 → 3 → 4 → 7 → 5