闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

「 104回 A問題 」 一覧

no image

104A-90

  2014/09/28    104回 A問題

口腔粘膜上皮異形成の組織学的特徴はどれか。 2つ選べ。
a 基底膜の破壊
b 滴状の上皮脚形成
c 顆粒細胞層の出現
d 有棘細胞層の肥厚
e 基底細胞の極性の喪失

no image

104A-89

  2014/09/27    104回 A問題

臼歯部において部分床義歯に比べてインプラント支持の補綴装置が優れているのはどれか。 2つ選べ。
a 咀嚼能率がよい。
b 治療時間が短い。
c 装置の動揺が少ない。
d 外科的侵略が小さい。
e 患者の経済的負担が軽い。

no image

104A-88

  2014/09/26    104回 A問題

垂直感染が起こり得るのはどれか。 2つ選べ。
a 性交
b 授乳
c 分娩
d 針刺し
e くしゃみ

no image

104A-87

  2014/09/25    104回 A問題

常勤医師を必要とするのはどれか。 2つ選べ。
a 軽費老人ホーム
b 介護老人保健施設
c デイケアセンター
d 介護療養型医療施設
e 特別養護老人ホーム

no image

104A-86

  2014/09/24    104回 A問題

象牙質で特異的に存在するタンパク質はどれか。1つ選べ。
a デコリン
b ホスホホリン
c Ⅰ型コラーゲン
d アメロブラスチン
e オステオカルシン

no image

104A-85

  2014/09/23    104回 A問題

咬合器の写真(別冊No.8)を別に示す。
矢印で示す角度の調節を行うのに必要な処置はどれか。1つ選べ。
a Tenchのコアの採得
b パラトグラムの記録
c ゴシックアーチの描記
d 前方チェックバイトの採得
e フェイスボウトランスファー

no image

104A-84

  2014/09/22    104回 A問題

骨の石灰化に関与するのはどれか。 2つ選べ。
a RANKL
b 基質小胞
c エナメリン
d 酸性ホスファターゼ
e アルカリホスファターゼ

no image

104A-83

  2014/09/21    104回 A問題

0よりも低いCT値を示すのはどれか。1つ選べ。
a 筋 肉
b 脂 肪
c 皮質骨
d リンパ節
e エナメル質

no image

104A-82

  2014/09/20    104回 A問題

下顎の前方成長促進に伴って小さくなるのはどれか。 2つ選べ。
a Y軸角
b 下顎角
c 顔面角
d 下顎枝長
e 上顎突出度

no image

104A-81

  2014/09/19    104回 A問題

胎生第7週ヒト胚子の顔面の模式図を示す。
第1鰓弓に由来する突起同士が癒合する部位はどれか。 2つ選べ。