闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

95A-48 改 微生物学

微生物で正しいのはどれか。全て選べ。
a 真菌は原核細胞生物に属する。
b 遺伝情報はDNAによって伝えられる。
c 芽胞形成性の細菌は消毒薬で殺菌される。
d ウィルスは通性細胞内寄生性を特徴とする。
e 細胞性微生物はDNAとRNAとを持っている。

解答 b c e

解説

a 真菌は真核細胞生物
c 芽胞形成菌はグルタルアルデヒドや次亜塩素酸Naが有効。
d ウィルスは偏性細胞内寄生菌
e ウィルスはDNAかRNAのどちらか一方を持つ。

   

 - 微生物学, 95回 A問題

Message

  関連記事

no image
98A-32 微生物学

咽頭ぬぐい液のZiehl-Neelsen染色で赤く染まる小桿菌が検出された。培養に用いるのはどれか。1つ選べ。
a ミティス•サリバリウス寒天培地
b ボルデー•ジャング培地
c 遠藤培地
d 小川培地
e 胆汁培地

no image
101A-64 微生物学

倍化時間が長い細菌はどれか。1つ選べ。
a Escherichia coli
b Staphylococcus aureus
c Porphyromonas gingivalis
d Streptococcus pyogenes
e Mycobacterium tuberculosis

no image
95A-55 微生物学

歯周炎と関連の深い細菌はどれか。2つ選べ。
a Proteus vulgaris
b Bacteroides fragilis
c Porphyromonas gingivalis
d Tannerella forsythia
e Clostridium difficile

no image
90B-14 微生物学

内毒素について正しいのはどれか。2つ選べ。
a 歯周組織破壊には関与しない。
b 歯肉溝滲出液中には存在しない。
c グラム陽性菌に存在する。
d 抗原性を持っている。
e 細胞壁を構成するリポ多糖である。

no image
101B-2 微生物学

ウイルス感染で発症するのはどれか。1つ選べ。
a 猩紅熱
b 上皮真珠
c エプーリス
d Riga-Fede病
e 疱疹性歯肉口内炎

no image
92A-30 微生物学

正しい組み合わせはどれか。1つ選べ。
a Veillonella – グラム陰性桿菌 – 乳酸利用
b Streptococcus – グラム陰性球菌 – 乳酸産生
c Lactobacillus – グラム陰性桿菌 – プロピオン酸産生
d Actinomyces – グラム陽性桿菌 – コハク酸産生
e Fusobacterium – グラム陰性桿菌 – 酪酸産生

no image
98A-36 微生物学

Porphyromonas gingivalisの病原因子はどれか。2つ選べ。
a 内毒素
b 発熱毒素
c コラゲナーゼ
d ロイコトキシン
e ヒアルロニダーゼ

no image
100A-74 微生物学

偏性細胞内寄生性細菌はどれか。1つ選べ。
a 結核菌
b スピロヘータ
c マイコプラズマ
d クラミジア
e レジオネラ

no image
102A-72 微生物学

内毒素で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 熱に弱い。
b 補体を活性化する。
c 生きた細菌が放出する。
d 宿主の受容体に作用する。
e ホルマリンで無毒化される。

no image
87A-43 改 微生物学

毒素型細菌性食中毒の原因菌はどれか。2つ選べ。
a 病原大腸菌
b ブドウ球菌
c ボツリヌス菌
d サルモネラ菌
e 腸炎ビブリオ