闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

93A-32 歯科理工学

硬さが最も大きい修復用材料はどれか。1つ選べ。
a コンポジットレジン
b グラスアイオノマーセメント
c 歯科用陶材
d 金銀パラジウム合金
e 歯科用アマルガム

解答 c

解説

硬さの順番を覚える

陶材>Co-Cr合金>Ti合金>エナメル質>タイプ3金合金≒純Ti≒CR>象牙質>リン酸亜鉛セメント>アクリルレジン

陶材の硬さは「460」
アクリルレジンの硬さは「20」
『純チタン』を硬くしたものが『チタン合金』
『チタン』と出題されたら『純チタン』のこと。

   

 - 歯科理工学, 93回 A問題

Message

  関連記事

no image
93A-11 改 歯周病学

歯根膜(歯周靭帯)に見られるのはどれか。全て選べ。
a 骨芽細胞
b オキシタラン線維
c メルケル細胞
d セメント芽細胞
e マラッセの上皮遺残

no image
105C-73 歯科理工学

金属焼付用陶材について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 主成分は長石である。
b 中温焼成陶材に分類される。
c 焼成すると約50 %収縮する。
d ファンデルワールス力が焼付強さの主体である。
e 熱膨張係数は陶材焼付用合金よりわずかに大きい。

no image
歯科理工学

矯正用線で弱い持続的な力を発揮するのはどれか。全て選べ。
a 大きな弾性係数
b 大きなたわみ
c ループの付与
d 大きな径
e 高い剛性

no image
103A-60 歯科理工学

鋳造体の精度に影響する因子はどれか。 すべて選べ。
a 鋳型の温度
b 埋没材の混水比
c 合金の融解温度
d 合金の熱膨張率
e 埋没材の熱膨張率

no image
103A-67 歯科理工学

通常の酸化亜鉛ユージノールセメントに対する根管充填用の酸化亜鉛ユージノー ルセメントの特徴はどれか。 2つ選べ。
a 硬化時に膨張する。
b 粉末の粒子が細かい。
c エックス線透過性である。
d 硬化時間が長めに調整されている。
e 根尖歯周組織に対して非刺激性である。

no image
102B-82 歯科理工学

歯科補綴用硬質レジンが長石系陶材より大きい値を示すのはどれか。1つ選べ。
a 硬 さ
b 密 度
c 弾性係数
d 熱伝導率
e 熱膨張係数

no image
96D-67 歯科理工学

インレーワックスの主成分はどれか。1つ選べ。
a カルナウバろう
b 蜜ろう
c ダンマー
d セレシン
e パラフィン

no image
105A-77 歯科理工学

引張強さが最も大きいのはどれか。1つ選べ。
a 陶 材
b タイプ3金合金
c 歯科用アマルガム
d コンポジットレジン
e グラスアイオノマーセメント

no image
103C-71 歯科理工学

残留モノマーが最も多いのはどれか。1つ選べ。
a ポリスルフォン
b ポリカーボネート
c ポリエーテルスルフォン
d 加熱重合型アクリルレジン
e 常温重合型アクリルレジン

no image
90A-21 歯科理工学

陶材焼付用金合金について正しいのはどれか。全て選べ。
a 熱膨張係数が焼付陶材と近似している。
b 融点は焼付陶材の焼成温度よりも高い。
c 結合材としてSnやInが添加されている。
d 焼成時に添加元素による析出硬化が起こる。
e 変色防止材としてCuが添加されている。