闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

83A-11 微生物学

細胞内寄生細菌はどれか。1つ選べ。
a Streptococcus pyogenes
b Streptococcus pneumoniae
c Staphylococcus aureus
d Mycobacterium tuberculosis
e Lactobacillus casei

解答 d

解説

      2014/06/02

 - 微生物学, 83回 A問題

Message

  関連記事

no image
90A-9 微生物学

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌のβ-ラクタム耐性の機序はどれか。1つ選べ。
a 細胞表層における薬剤透過性の減少
b 取り込まれた薬剤の細胞外への排出
c β-ラクタマーゼによる薬剤不活性
d 既存の標的酵素遺伝子の突然変異
e 薬剤低親和性の新しい標的酵素の獲得

no image
微生物学

真核生物はどれか。2つ選べ。
a 原 虫
b 真 菌
c 細 菌
d ウィルス
e スピロヘータ

no image
98A-36 微生物学

Porphyromonas gingivalisの病原因子はどれか。2つ選べ。
a 内毒素
b 発熱毒素
c コラゲナーゼ
d ロイコトキシン
e ヒアルロニダーゼ

no image
91A-22 微生物学

偏性細胞内寄生性微生物はどれか。2つ選べ。
a 結核菌
b チフス菌
c リケッチア
d クラミジア
e 赤痢菌

no image
微生物学

DNAが核膜に覆われていない微生物はどれか。2つ選べ。
a 原 虫
b 真 菌
c 細 菌
d ウィルス
e スピロヘータ

no image
87A-10 改 微生物学

MRSAについて正しいのはどれか。全て選べ。
a 多剤耐性レンサ球菌である。
b 空中汚染による感染伝播様式がある。
c 深部感染は免疫不全患者に起こりやすい。
d 80%エタノールは消毒剤として無効である。
e 保護部位として鼻腔と咽頭とが重要である。

no image
92A-30 微生物学

正しい組み合わせはどれか。1つ選べ。
a Veillonella – グラム陰性桿菌 – 乳酸利用
b Streptococcus – グラム陰性球菌 – 乳酸産生
c Lactobacillus – グラム陰性桿菌 – プロピオン酸産生
d Actinomyces – グラム陽性桿菌 – コハク酸産生
e Fusobacterium – グラム陰性桿菌 – 酪酸産生

no image
83A-29 歯科理工学

石膏系埋没材について正しいのはどれか。全て選べ。
a 混水比は0.3~0.4である。
b 還元剤として炭素や銅粉を使用する。
c 約1,000℃で分解し鋳肌があらわれる。
d 総熱膨張量は4.6%である。
e 結合材は酸化マグネシウムである。

no image
微生物学

クラミジアによって引き起こされる疾患はどれか。2つ選べ。
a Q 熱
b オウム病
c マラリア
d ツツガ虫病
e トラコーマ

no image
101B-2 微生物学

ウイルス感染で発症するのはどれか。1つ選べ。
a 猩紅熱
b 上皮真珠
c エプーリス
d Riga-Fede病
e 疱疹性歯肉口内炎