闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

92A-30 微生物学

正しい組み合わせはどれか。1つ選べ。
a Veillonella – グラム陰性桿菌 – 乳酸利用
b Streptococcus – グラム陰性球菌 – 乳酸産生
c Lactobacillus – グラム陰性桿菌 – プロピオン酸産生
d Actinomyces – グラム陽性桿菌 – コハク酸産生
e Fusobacterium – グラム陰性桿菌 – 酪酸産生

解答 d e

解説

   

 - 微生物学, 92回 A問題

Message

  関連記事

no image
92A-29 微生物学

血液寒天培地に接種し、37℃のふらん器に入れて培養する方法でコロニー形成がみられないのはどれか。1つ選べ。
a Streptococcus sanguis
b Staphylococcus aureus
c Prevotella melaninogenica
d Actinobacillus actinomycetemcomitans
e Escherichia coli

no image
95A-48 改 微生物学

微生物で正しいのはどれか。全て選べ。
a 真菌は原核細胞生物に属する。
b 遺伝情報はDNAによって伝えられる。
c 芽胞形成性の細菌は消毒薬で殺菌される。
d ウィルスは通性細胞内寄生性を特徴とする。
e 細胞性微生物はDNAとRNAとを持っている。

no image
102A-72 微生物学

内毒素で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 熱に弱い。
b 補体を活性化する。
c 生きた細菌が放出する。
d 宿主の受容体に作用する。
e ホルマリンで無毒化される。

no image
103C-29 微生物学

身体の部位と主要常在細菌との組み合わせで正しいのはどれか。1つ選べ。
a 膣 ― lactobacillus
b 膀 胱 ― Bacteroides
c 小 腸 ― Helicobacter
d 鼻 腔 ― Enterococcus
e 皮 膚 ― Bifidobacterium

no image
92A-28 微生物学

ウイルス性の感染症はどれか。2つ選べ。
a 猩紅熱
b ジフテリア
c 単純疱疹
d 流行性耳下腺炎
e ニューモシスチス肺炎

no image
92A-23 微生物学

初感染および回帰発症の好発部位が主に口腔領域にあるウイルスはどれか。1つ選べ。
a エンテロウイルス
b 単純ヘルペスウイルス1
c 単純ヘルペスウイルス2
d アデノウイルス
e ヒト免疫不全ウイルス(HIV)

no image
101B-2 微生物学

ウイルス感染で発症するのはどれか。1つ選べ。
a 猩紅熱
b 上皮真珠
c エプーリス
d Riga-Fede病
e 疱疹性歯肉口内炎

no image
94A-16 改 微生物学

内毒素の生物活性はどれか。全て選べ。
a 発熱作用
b 糖発酵活性
c 補体活性化
d 骨吸収作用
e タンパク質分解活性

no image
107C-77 改 微生物学

空気感染によって広がるのはどれか。全て選べ。
a 結 核
b 風 疹
c 麻 疹
d 流行性耳下腺炎
e インフルエンザ

no image
微生物学

感染型食中毒はどれか。2つ選べ。
a 腸炎ビブリオ
b ボツリヌス菌
c サルモネラ菌
d 黄色ブドウ球菌
e 腸管出血性大腸菌(O-157)