闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

94A-16 改 微生物学

内毒素の生物活性はどれか。全て選べ。
a 発熱作用
b 糖発酵活性
c 補体活性化
d 骨吸収作用
e タンパク質分解活性

解答 a c d

解説

      2014/06/09

 - 微生物学, 94回 A問題

Message

  関連記事

no image
100A-74 微生物学

偏性細胞内寄生性細菌はどれか。1つ選べ。
a 結核菌
b スピロヘータ
c マイコプラズマ
d クラミジア
e レジオネラ

no image
微生物学

毒素型食中毒はどれか。全て選べ。
a サルモネラ菌
b 腸炎ビブリオ
c 黄色ブドウ球菌
d カンピロバクター
e 病原性大腸菌(EPEC)

no image
90B-14 微生物学

内毒素について正しいのはどれか。2つ選べ。
a 歯周組織破壊には関与しない。
b 歯肉溝滲出液中には存在しない。
c グラム陽性菌に存在する。
d 抗原性を持っている。
e 細胞壁を構成するリポ多糖である。

no image
微生物学

真核生物はどれか。2つ選べ。
a 原 虫
b 真 菌
c 細 菌
d ウィルス
e スピロヘータ

no image
微生物学

原虫によって引き起こされる疾患はどれか。1つ選べ。
a Q 熱
b オウム病
c マラリア
d ツツガ虫病
e トラコーマ

no image
92A-23 微生物学

初感染および回帰発症の好発部位が主に口腔領域にあるウイルスはどれか。1つ選べ。
a エンテロウイルス
b 単純ヘルペスウイルス1
c 単純ヘルペスウイルス2
d アデノウイルス
e ヒト免疫不全ウイルス(HIV)

no image
92A-29 微生物学

血液寒天培地に接種し、37℃のふらん器に入れて培養する方法でコロニー形成がみられないのはどれか。1つ選べ。
a Streptococcus sanguis
b Staphylococcus aureus
c Prevotella melaninogenica
d Actinobacillus actinomycetemcomitans
e Escherichia coli

no image
103C-29 微生物学

身体の部位と主要常在細菌との組み合わせで正しいのはどれか。1つ選べ。
a 膣 ― lactobacillus
b 膀 胱 ― Bacteroides
c 小 腸 ― Helicobacter
d 鼻 腔 ― Enterococcus
e 皮 膚 ― Bifidobacterium

no image
98A-36 微生物学

Porphyromonas gingivalisの病原因子はどれか。2つ選べ。
a 内毒素
b 発熱毒素
c コラゲナーゼ
d ロイコトキシン
e ヒアルロニダーゼ

no image
94A-18 微生物学

細菌の特徴について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 真核生物に分類される。
b 偏性細胞内寄生微生物である。
c リボソームを持たない。
d 細胞壁にペプチドグリカンを含む。
e 有性生殖によって増殖する。