闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

歯科理工学

水分の混入によって硬化が早まる印象材はどれか。2つ選べ。
a ポリサルファイドラバー印象材
b ポリエーテルラバー印象材
c 縮合型シリコーンラバー印象材
d 付加型シリコーンラバー印象材
e 酸化亜鉛ユージノール印象材

解答 a e

解説

シリコーンラバー印象材、特に付加型は硬化時間がラバー系印象材の中で最も温度の影響を受けやすいが、水分の影響は受けにくい。ポリエーテルラバー印象材についても、シリコーンラバー印象材と同様に温度の影響を受け易い。一方、ポリサルファイドラバー印象材は温度のみならず、湿度の影響も受けやすく、特に、水分の混入で硬化時間が促進する。酸化亜鉛ユージノール印象材では、硬化反応に水の存在が不可欠であるが、適度の水分の混入は硬化時間を促進する傾向にある。

      2014/06/17

 - 歯科理工学

Message

  関連記事

no image
105A-113 歯科理工学

歯質接着性モノマーはどれか。2つ選べ。
a MDP
b UDMA
c MAC-10
d Bis-GMA
e DMAEMA

no image
90A-21 歯科理工学

陶材焼付用金合金について正しいのはどれか。全て選べ。
a 熱膨張係数が焼付陶材と近似している。
b 融点は焼付陶材の焼成温度よりも高い。
c 結合材としてSnやInが添加されている。
d 焼成時に添加元素による析出硬化が起こる。
e 変色防止材としてCuが添加されている。

no image
歯科理工学

矯正用線で弱い持続的な力を発揮するのはどれか。全て選べ。
a 大きな弾性係数
b 大きなたわみ
c ループの付与
d 大きな径
e 高い剛性

no image
105A-77 歯科理工学

引張強さが最も大きいのはどれか。1つ選べ。
a 陶 材
b タイプ3金合金
c 歯科用アマルガム
d コンポジットレジン
e グラスアイオノマーセメント

no image
歯科理工学

熱膨張係数がエナメル質より小さいのはどれか。2つ選べ。
a 陶材
b 金合金
c 純チタン
d アクリルレジン
e コンポジットレジン

no image
歯科理工学

付加型シリコーンラバー印象材について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 永久ひずみはポリエーテルラバー印象材より大きい。
b 効果時間はポリサルファイドラバー印象材より長い。
c 寸法変化は縮合型シリコーンラバー印象材より大きい。
d 弾性ひずみはポリサルファイドラバー印象材より小さい。
e 硬化時間への温度の影響は縮合型シリコーンラバー印象材より小さい。

no image
105C-6 歯科理工学

アルジネート印象採得で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 固定液に 30 分間浸漬する。
b 硬化後は一気に撤去する。
c 撤去後は大気中に保管する。
d 撤去が遅いほど寸法変化が少ない。
e 冷水で練和すると操作時間が短縮する。

no image
103C-71 歯科理工学

残留モノマーが最も多いのはどれか。1つ選べ。
a ポリスルフォン
b ポリカーボネート
c ポリエーテルスルフォン
d 加熱重合型アクリルレジン
e 常温重合型アクリルレジン

no image
105C-73 歯科理工学

金属焼付用陶材について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 主成分は長石である。
b 中温焼成陶材に分類される。
c 焼成すると約50 %収縮する。
d ファンデルワールス力が焼付強さの主体である。
e 熱膨張係数は陶材焼付用合金よりわずかに大きい。

no image
103C-34 歯科理工学

熱伝導係数が最も大きいのはどれか。1つ選べ。
a 金合金
b PMMA
c 金属焼付用陶材
d コンポジットレジン
e モデリングコンパウンド