闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

102B-7 歯科理工学

全部床義歯製作における顎間関係記録で咬合堤の調整に用いるのはどれか。1つ選べ。
a シートワックス
b パラフィンワックス
c スティッキーワックス
d ユーティリティワックス
e レディーキャスティングワックス

解答 b

解説

   

 - 歯科理工学, 102回 B問題

Message

  関連記事

no image
103A-51 歯科理工学

通常のコンポジットレジンと比べてフロアブルレジンが優れているのはどれか。1つ選べ。
a 研磨性
b 耐磨耗性
c 形態付与性
d 色の再現性
e 窩洞へのぬれ性

no image
歯科理工学

矯正用線で弱い持続的な力を発揮するのはどれか。全て選べ。
a 大きな弾性係数
b 大きなたわみ
c ループの付与
d 大きな径
e 高い剛性

no image
104C-110 歯科理工学

合金の組成を表に示す。
超弾性合金はどれか。1つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

no image
105C-67 歯科理工学

デュアルキュア型レジンセメントの重合開始剤はどれか。 2つ選べ。
a 第3級アミン
b カンファーキノン
c メタクリル酸メチル
d ウレタンジメタクリレート
e ヒドロキシエチルメタクリレート

no image
100B-38 歯科理工学

ブリッジ製作時の咬合面コア採得用材料で適切なのはどれか。1つ選べ。
a 印象用石膏
b 印象用ワックス
c アルジネート印象材
d インプレッションコンパウンド
e パテタイプシリコーンゴム印象材

no image
103C-72 歯科理工学

水の接触角が最も小さくなるのはどれか。1つ選べ。
a 陶材
b PMMA
c ワックス
d シリコーンゴム印象材
e ポリエーテルゴム印象材

no image
歯科理工学

付加型シリコーンラバー印象材について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 永久ひずみはポリエーテルラバー印象材より大きい。
b 効果時間はポリサルファイドラバー印象材より長い。
c 寸法変化は縮合型シリコーンラバー印象材より大きい。
d 弾性ひずみはポリサルファイドラバー印象材より小さい。
e 硬化時間への温度の影響は縮合型シリコーンラバー印象材より小さい。

no image
歯科理工学

ハイドロコロイド印象材につ共通するのはどれか。全て選べ。
a 硬化にカルシウムイオンが関与する。
b 空気中に放置すると収縮する。
c 石膏の硬化を遅延させる。
d 弾性回復が良好である。
e 弾性ひずみが小さい。

no image
105A-77 歯科理工学

引張強さが最も大きいのはどれか。1つ選べ。
a 陶 材
b タイプ3金合金
c 歯科用アマルガム
d コンポジットレジン
e グラスアイオノマーセメント

no image
96D-67 歯科理工学

インレーワックスの主成分はどれか。1つ選べ。
a カルナウバろう
b 蜜ろう
c ダンマー
d セレシン
e パラフィン