闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

92A-31 歯内療法学

透照診で判定できるのはどれか。1つ選べ。
a エナメル質の亀裂
b 歯肉炎下の歯石
c 修復物の辺縁漏洩
d 臼歯の小窩裂溝齲触
e 歯髄の炎症

解答 a

解説

      2014/06/19

 - 歯内療法学, 92回 A問題

Message

  関連記事

no image
95A-89 改 歯内療法学

歯髄の生死を鑑別するのはどれか。2つ選べ。
a 打診
b インピーダンス測定検査
c 温度診
d 電気診
e 麻酔診

no image
96A-18 歯内療法学

歯髄の生死を審査する方法はどれか。1つ選べ。
a 麻酔診
b 動揺度検査
c 打 診
d インピーダンス測定検査
e 電気診

no image
104C-122 歯内療法学

歯根嚢胞が感染根管治療で治癒しにくい理由はどれか。1つ選べ。
a 膿瘍の存在
b 内容液の存在
c 硬化骨の存在
d 上皮層の存在
e 肉芽組織の存在

no image
103A-123 歯内療法学

電気診で歯髄の生死が判別できる理由はどれか。 2つ選べ。
a 電気抵抗値は象牙質よりも歯髄の方が高い。
b 疼痛閾値は歯髄の神経の方が歯肉の神経よりも高い。
c 疼痛閾値は歯髄の神経の方が歯根膜の神経よりも低い。
d 疼痛閾値は歯髄の神経の方が歯槽骨の神経よりも高い。
e 歯髄の神経の失活は歯髄組織全体の失活の末期に生じる。

no image
93B-28 改 歯内療法学

歯のインピーダンス測定検査が有効なのはどれか。全て選べ。
a 根管の長さ
b 露髄の有無
c 髄床底穿孔の有無
d 齲触の深さ
e 歯髄の生死

no image
106C-106 歯内療法学

歯内治療で実体顕微鏡による確認が有効なのはどれか。 2つ選べ。
a 細菌の侵入度
b 穿孔部の位置
c 歯根破折の有無
d 破折ファイルの長さ
e フェネストレーションの有無

no image
92A-9 病理学

多形腺腫にみられるのはどれか。全て選べ。
a 腺管様構造
b 軟骨様組織
c 粘液腫瘍細胞
d 篩状胞巣構造
e 中間型細胞

no image
92A-30 微生物学

正しい組み合わせはどれか。1つ選べ。
a Veillonella – グラム陰性桿菌 – 乳酸利用
b Streptococcus – グラム陰性球菌 – 乳酸産生
c Lactobacillus – グラム陰性桿菌 – プロピオン酸産生
d Actinomyces – グラム陽性桿菌 – コハク酸産生
e Fusobacterium – グラム陰性桿菌 – 酪酸産生

no image
103B-45 歯内療法学

45歳の男性。下顎左側第一大臼歯の咬合痛を主訴として来院した。ラバーダム 装着時の口腔内写真(別冊No.43)を別に示す。

この状態で起こるのはどれか。 2つ選べ。
a 歯冠破折
b 器具の嚥下
c 薬液の漏出
d 隣接歯の損傷
e 施術野の汚染

no image
102B-62 歯内療法学

顕微鏡を用いた歯内療法で確認できるのはどれか。1つ選べ。
a 根管内の細菌
b 根管側枝の走行
c 根管壁のスミヤー層
d 根管充填材の到達度
e 破折ファイルの破断面