闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

83A-29 歯科理工学

石膏系埋没材について正しいのはどれか。全て選べ。
a 混水比は0.3~0.4である。
b 還元剤として炭素や銅粉を使用する。
c 約1,000℃で分解し鋳肌があらわれる。
d 総熱膨張量は4.6%である。
e 結合材は酸化マグネシウムである。

解答 a b c

解説

   

 - 歯科理工学, 83回 A問題

Message

  関連記事

no image
103A-51 歯科理工学

通常のコンポジットレジンと比べてフロアブルレジンが優れているのはどれか。1つ選べ。
a 研磨性
b 耐磨耗性
c 形態付与性
d 色の再現性
e 窩洞へのぬれ性

no image
93A-32 歯科理工学

硬さが最も大きい修復用材料はどれか。1つ選べ。
a コンポジットレジン
b グラスアイオノマーセメント
c 歯科用陶材
d 金銀パラジウム合金
e 歯科用アマルガム

no image
103A-70 歯科理工学

歯科用白加金線の特徴はどれか。 2つ選べ。
a 高靱性
b 超弾性
c 不動態化
d 時効硬化
e 形状記憶

no image
105C-73 歯科理工学

金属焼付用陶材について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 主成分は長石である。
b 中温焼成陶材に分類される。
c 焼成すると約50 %収縮する。
d ファンデルワールス力が焼付強さの主体である。
e 熱膨張係数は陶材焼付用合金よりわずかに大きい。

no image
104C-57 歯科理工学

歯科用CAD/CAMで加工が可能なのはどれか。 2つ選べ。
a チタン
b β-TCP
c 硫化亜鉛
d カオリン
e ジルコニア

no image
105C-72 歯科理工学

金属床義歯の鋳造フレームワークの材料に用いるのはどれか。 すべて選べ。
a チタン合金
b 低融銀合金
c タイプ4金合金
d コバルトクロム合金
e ニッケルクロム合金

no image
87A-24 歯科理工学

石膏系埋没材の混水比(W/P)を小さくした時の変化で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 硬化時間が長くなる。
b 硬化膨張が小さくなる。
c 吸水膨張が大きくなる。
d 加熱膨張が小さくなる。
e 鋳型の通気性が良くなる。

no image
103C-40 歯科理工学

歯冠修復材料に用いられるのはどれか。 すべて選べ。
a 金合金
b アルミナ
c シリコーン
d ジルコニア
e 金属焼付陶材

no image
歯科理工学

応力ーひずみ曲線上の応力で、材料に加えられた外力を除くとひずみが0となり元の状態に戻るのはどれか。全て選べ。
a 耐力
b 弾性限
c 比例限
d 最大強さ
e 降伏強さ

no image
歯科理工学

金属材料の引張り試験について正しいのはどれか。全て選べ。
a 応力とひずみとの関係は比例限までフックの法則に従う。
b 弾性限の大きな材料はたわみやすい。
c 最大強さは外力を除いてもひずみが残らない応力である。
d 弾性エネルギー率は靭性を示す値である。
e 耐力は永久ひずみが0.2%になる場合の応力である。