闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105C-49 解剖学

顎下腺管が通るのはどれか。1つ選べ。
a 顎下隙
b 舌下隙
c 咽頭後隙
d 翼突下顎隙
e オトガイ下隙

解答 b

解説

      2014/08/18

 - 解剖学, 105回 C問題

Message

  関連記事

no image
105C-61 口腔衛生学

我が国の合計特殊出生率平成 21 年はどれか。1つ選べ。
a 0.67
b 1.37
c 2.07
d 2.77
e 3.27

no image
105C-73 歯科理工学

金属焼付用陶材について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 主成分は長石である。
b 中温焼成陶材に分類される。
c 焼成すると約50 %収縮する。
d ファンデルワールス力が焼付強さの主体である。
e 熱膨張係数は陶材焼付用合金よりわずかに大きい。

no image
105C-107 口腔外科学

扁平上皮癌の腫瘍マーカーで有用なのはどれか。1つ選べ。 2つ選べ。
a PSA
b CEA
c AFP
d CA125
e SCC 抗原

no image
103C-7 解剖学

頬筋で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 咀嚼筋である。
b 平滑筋である。
c 頬骨に起始する。
d 耳下腺管が貫通する。
e 上顎神経が支配する。

no image
105C-21

FDI の歯式で 16 と表示される歯の歯根完成時期はどれか。 1つ選べ。
a 3 ~ 4 歳ころ
b 6 ~ 7 歳ころ
c 9 ~ 10 歳ころ
d 12 ~ 14 歳ころ
e 18 ~ 25 歳ころ

no image
94A-7 改 解剖•組織学

第一鰓弓に由来するのはどれか。2つ選べ。
a 頬 筋
b 舌 筋
c 咀嚼筋
d 顎舌骨筋
e 茎突咽頭筋

no image
105C-75 口腔外科学

口蓋裂新生児で対応を優先すべきなのはどれか。1つ選べ。
a 哺乳障害
b 聴覚障害
c 味覚障害
d 構音障害
e 審美障害

no image
105C-97 病理学

上皮性異形成における病理組織学的所見はどれか。 2つ選べ。
a 核小体の消失
b 核クロマチンの増加
c 細胞分裂像数の増加
d 基底細胞の水腫変性
e 核・細胞質比の減少

no image
105C-92 全部床義歯学

咬合器の写真別冊No. 9を別に示す。 調節するのはどれか。2つ選べ。
a Fischer 角
b Bennett 角
c Balkwill角
d Bonwill 三角
e 矢状顆路傾斜角

no image
105C-28 小児歯科学

Hellman の歯齢で、すべての第一大臼歯の萌出完了期を示すのはどれか。1つ選べ。
a ⅠA 期
b ⅡA 期
c ⅢA 期
d ⅣA 期
e ⅤA 期