闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105C-64 口腔外科学

10歳の男児。腫脹と消退とを繰り返す病変部の写真別冊(No.6)を別に示す。
手術時に再発防止のために行うのはどれか。1つ選べ。
a 創部圧迫
b 粘膜下縫合
c ドレーン挿入
d 小唾液腺摘出
e マットレス縫合

解答 d

解説

      2014/12/07

 - 口腔外科学, 105回 C問題

Message

  関連記事

no image
105C-80 歯周病学

中等度から重度の歯周炎患者に対する治療の一般的な流れを図に示す。
アとイで行う治療の組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
ア イ
a 暫間固定———-フラップ手術
b 歯肉切除術——–ヘミセクション
c 小帯切除術——–義歯装着
d スケーリング——ブリッジ装着
e 口腔清掃指導——永久固定

no image
105A-84 口腔外科学

左側頰粘膜前方部に 15 × 10mmの硬結を認め、平上皮癌と診断された。頰筋への浸潤はみられない。画像検査で所属リンパ節と他臓器への転移は認めない。病期はどれか。1つ選べ。
a Stage 0
b Stage Ⅰ
c Stage Ⅱ
d Stage Ⅲ
e Stage Ⅳ

no image
105C-2 歯科放射線学

エックス線写真別冊No. 2を別に示す。 上顎右側大臼歯の撮影法はどれか。1つ選べ。
a 平行法
b 咬翼法
c 咬合法
d 二等分法
e 歯頸部投影法

no image
105C-41 口腔外科学

化膿性炎で口腔内から切開排膿を行う部位はどれか。 2つ選べ。
a 舌下隙
b 顎下隙
c 側咽頭隙
d 翼突下顎隙
e オトガイ下隙

no image
105C-38 歯科薬理学

概形印象において、モデリングコンパウンド印象材の特徴で正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 親水性である。
b 無歯顎には用いない。
c 印象体の修正が可能である。
d アンダーカットが大きいと不適である。
e アルジネート印象材と比べて流動性が良い。

no image
105A-58 口腔外科学

エックス線写真(別冊No.5A,B)とH-E 染色病理組織像(別冊No.5C)とを別に示す。
この疾患によくみられるのはどれか。2つ選べ。
a 骨浸潤
b 神経浸潤
c 娘囊胞の形成
d 石灰化物の形成
e 明瞭な被膜の形成

no image
105C-52 生化学

唾液腺から分泌される抗菌物質はどれか。1つ選べ。
a IgG
b 補 体
c パロチン
d ヒスタチン
e アミラーゼ

no image
105C-63

腱組織を構成する主な細胞はどれか。1つ選べ。
a 骨細胞
b 軟骨細胞
c 骨芽細胞
d 骨格筋細胞
e 線維芽細胞

no image
105C-53 歯周病学

AIDS 患者に発症しやすいのはどれか。1つ選べ。
a 不正咬合
b 歯肉退縮
c 咬合性外傷
d 侵襲性歯周炎
e 壊死性潰瘍性歯周炎

no image
105C-123 全部床義歯学

高齢無歯顎者が義歯未装着の場合に不明瞭となるのはどれか。2つ選べ。
a 人 中
b 赤 唇
c 口 裂
d 鼻唇溝
e 外斜線

PREV
104C-64
NEXT
103A-64