闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105C-85 クラウンブリッジ学

咬合関係が正常な下顎左側第一大臼歯の暫間被覆冠を装着し咬合調整を行っている。咬頭嵌合位(赤)の口腔内写真別冊(No.8A)と側方運動時青の咬合接触を印記した口腔内写真別冊(No.8B)とを別に示す。矢印の印記部に対応するのはどれか。1つ選べ。
a 左上6頰側咬頭内斜面
b 左上6舌側咬頭外斜面
c 左上6舌側咬頭内斜面
d 左上7舌側咬頭外斜面
e 左上7頰側咬頭内斜面

解答 b

解説

      2014/10/31

 - クラウンブリッジ学, 105回 C問題

Message

  関連記事

no image
105C-86 口腔外科学

復位を伴う関節円板前方転位で正しいのはどれか。 1つ選べ。
a 自発痛を伴う。
b 関節雑音を伴わない。
c 最大開口量が制限される。
d 片側性の場合には開口運動路は患側に偏位する。
e パノラマエックス線写真で関節円板の位置を確認する。

no image
105C-119 歯科放射線学

放射線の影響で重篤度が線量に依存しないのはどれか。2つ選べ。
a 脱毛
b 骨壊死
c 遺伝的影響
d 白血球減少
e 白血病誘発

no image
105C-21

FDI の歯式で 16 と表示される歯の歯根完成時期はどれか。 1つ選べ。
a 3 ~ 4 歳ころ
b 6 ~ 7 歳ころ
c 9 ~ 10 歳ころ
d 12 ~ 14 歳ころ
e 18 ~ 25 歳ころ

no image
105C-50 口腔外科学

下顎の痛を訴える患者に対し、下顎骨骨髄炎を疑ったが、パノラマエックス線 写真と CT とに骨髄炎の所見はみられなかった。 次に行うべき検査はどれか。1つ選べ。
a MRI
b 咬合法
c 超音波検査
d 頭部後前方向撮影
e 側斜位経頭蓋撮影

no image
クラウンブリッジ学

メタルフレームと陶材との結合強度を向上させる目的で行うのはどれか。全て選べ。
a フッ酸処理
b グレイジング
c ステイニング
d ボンディング
e ディギャッシング

no image
105C-54 生化学

蛋白分解酵素阻害活性を持つのはどれか。1つ選べ。
a ムチン
b シスタチン
c リゾチーム
d ラクトフェリン
e ペルオキシダーゼ

no image
105C-118 保存修復学

メタルインレー修復と比較してコンポジットレジン修復で不要になるのはどれか。2つ選べ。
a 予防拡大
b 保持形態
c 抵抗形態
d 便宜形態
e 窩縁形態

no image
105C-37 口腔衛生学

IADL<手段的日常生活動作>の測定項目はどれか。 2つ選べ。
a 家 事
b 発 音
c 嚥 下
d 更 衣
e 外 出

no image
103A-96 クラウンブリッジ学

CAD/CAMを用いたブリッジのフレームワーク製作で正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 複製が可能である。
b 鋳造による変形がない。
c 平行測定が不要である。
d 金属しか使用できない。
e レーザー溶接が必要である。

no image
105C-89 口腔衛生学

LeavellとClarkの疾病予防の概念で齲蝕の特異的予防はどれか。すべて選べ。
a PMTC
b フッ化物洗口
c 定期歯科検診
d 小窩裂溝塡塞
e 砂糖の摂取制限

PREV
104C-85
NEXT
103A-85