闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105C-95 社会歯科学

国際生活機能分類で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 障害を異常の面で捉えている。
b 心身の構造の異常を能力低下という。
c 障害から健康に至る全般の生活状態を対象とする。
d 障害によって就業できないことを活動制限という。
e 障害によって咀嚼できないことを参加制約という。

解答 c

解説

      2014/10/03

 - 105回 C問題, 社会歯科学

Message

  関連記事

no image
105C-43 歯科矯正学

アデノイド顔貌と下顎後退とを伴う患者で小さい値を示すのはどれか。 2つ選べ。
a FMA
b 顔面角
c Y 軸角
d SNB 角
e 前顔面高

no image
105C-67 歯科理工学

デュアルキュア型レジンセメントの重合開始剤はどれか。 2つ選べ。
a 第3級アミン
b カンファーキノン
c メタクリル酸メチル
d ウレタンジメタクリレート
e ヒドロキシエチルメタクリレート

no image
105C-3 歯内療法学

歯髄炎の初期にみられるのはどれか。1つ選べ。
a 咬合痛
b 冷水痛
c 温水痛
d 打診痛
e 自発痛

no image
105C-100 歯内療法学

根管拡大中に形成したレッジの修正で効果的なのはどれか。 2つ選べ。
a EDTA液の使用
b 根管口部のフレア形成
c リーミングによる再根管形成
d ニッケルチタンファイルの使用
e ファイルへのプレカーブの付与

no image
105C-12 小児歯科学

乳幼児の体重と身長の釣り合いを評価するのに用いられるのはどれか。1つ選べ。
a 頭指数
b 発達指数
c Kaup 指数
d Rohrer 指数
e 身長パーセンタイル

no image
105C-97 病理学

上皮性異形成における病理組織学的所見はどれか。 2つ選べ。
a 核小体の消失
b 核クロマチンの増加
c 細胞分裂像数の増加
d 基底細胞の水腫変性
e 核・細胞質比の減少

no image
105C-48 口腔外科学

含歯性囊胞の原因歯で最も多いのはどれか。1つ選べ。
a 上顎側切歯
b 上顎第二小臼歯
c 下顎第一小臼歯
d 下顎第一大臼歯
e 下顎第三大臼歯

no image
105C-20

歯科治療時における脳性麻痺患者への対応で適切なのはどれか。1つ選べ。
a 膝を屈曲させる。
b 腕を伸展させる。
c 頭部を後屈させる。
d イヤーマフを付ける。
e アイマスクを付ける。

no image
105C-54 生化学

蛋白分解酵素阻害活性を持つのはどれか。1つ選べ。
a ムチン
b シスタチン
c リゾチーム
d ラクトフェリン
e ペルオキシダーゼ

no image
105C-126 口腔衛生学

口臭検査で、官能検査がガスクロマトグラフィー検査よりも優れている点はどれか。2つ選べ。
a 簡便である。
b 結果の再現性がよい。
c 連続測定が可能である。
d 多様な有臭成分に対応できる。
e 被験者の直前の飲食に左右されにくい。