闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105C-97 病理学

上皮性異形成における病理組織学的所見はどれか。2つ選べ。
a 核小体の消失
b 核クロマチンの増加
c 細胞分裂像数の増加
d 基底細胞の水腫変性
e 核・細胞質比の減少

解答 b c

解説

      2014/10/05

 - 病理学, 105回 C問題

Message

  関連記事

no image
105C-85 クラウンブリッジ学

咬合関係が正常な下顎左側第一大臼歯の暫間被覆冠を装着し咬合調整を行っている。咬頭嵌合位(赤)の口腔内写真別冊(No. 8A)と側方運動時青の咬合接触を印 記した口腔内写真別冊(No. 8B)とを別に示す。 矢印の印記部に対応するのはどれか。1つ選べ。
a 左上6頰側咬頭内斜面
b 左上6舌側咬頭外斜面
c 左上6舌側咬頭内斜面
d 左上7舌側咬頭外斜面
e 左上7頰側咬頭内斜面

no image
105C-94

埋入されたインプラントのエックス線写真別冊No. 10を別に示す。矢印で示す部位に求められる生体材料としての要件はどれか。2つ選べ。
a 靱性
b 撥水性
c 自浄性
d 耐摩耗性
e 生体適合性

no image
105C-14 解剖学

トルコ鞍に存在するのはどれか。1つ選べ。
a 橋
b 嗅 球
c 視 床
d 下垂体
e 松果体

no image
105C-51 口腔外科学

唇顎口蓋裂の手術で再建するのはどれか。 2つ選べ。
a 咬 筋
b 頰 筋
c 口輪筋
d 口蓋帆挙筋
e 内側翼突筋

no image
105A-29 病理学

粘液の染色に用いるのはどれか。1つ選べ。
a PAS染色
b Grocott染色
c SudanⅢ染色
d Congo-Red染色
e Ziehl-Neelsen染色

no image
105C-46 保存修復学

加齢に伴う変化で根面齲蝕のリスクを増加させるのはどれか。 2つ選べ。
a 石灰化度の上昇
b 辺縁歯肉の退縮
c 透明象質の増加
d セメント質の肥厚
e 唾液分泌量の減少

no image
105C-123 全部床義歯学

高齢無歯顎者が義歯未装着の場合に不明瞭となるのはどれか。2つ選べ。
a 人 中
b 赤 唇
c 口 裂
d 鼻唇溝
e 外斜線

no image
105C-34 社会歯科学

GCP<good clinical practice>が定めているのはどれか。1つ選べ。
a 医師の義務
b 院内感染対策
c 障害者への対応
d 動物実験の倫理
e 臨床試験の基準

no image
94A-30 病理学

アミロイド様物質が認められるのはどれか。1つ選べ。
a エナメル上皮腫
b 石灰化上皮性歯原性腫瘍
c 歯原性粘液腫
d セメント芽細胞腫
e エナメル上皮線維腫

no image
105C-100 歯内療法学

根管拡大中に形成したレッジの修正で効果的なのはどれか。 2つ選べ。
a EDTA液の使用
b 根管口部のフレア形成
c リーミングによる再根管形成
d ニッケルチタンファイルの使用
e ファイルへのプレカーブの付与