闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105C-97 病理学

上皮性異形成における病理組織学的所見はどれか。2つ選べ。
a 核小体の消失
b 核クロマチンの増加
c 細胞分裂像数の増加
d 基底細胞の水腫変性
e 核・細胞質比の減少

解答 b c

解説

      2014/10/05

 - 病理学, 105回 C問題

Message

  関連記事

no image
105C-96

重層扁平上皮のH-E 染色組織像別冊No. 11を別に示す。
矢印で示す部位にある細胞間接着装置はどれか。1つ選べ。
a 接着帯<中間結合>
b 密着帯<タイト結合>
c 細隙結合<ネキサス>
d 接着斑<デスモゾーム>
e 半接着斑<ヘミデスモゾーム>

no image
105C-8

正常歯列において、第一大臼歯の喪失によって最も早く生じるのはどれか。1つ選べ。
a 咬頭干渉
b 関節雑音
c 対合歯の挺出
d 隣在歯の傾斜
e 咀嚼能力の低下

no image
105C-22 歯周病学

アタッチメントレベルで判断できるのはどれか。1つ選べ。
a 歯槽骨の厚さ
b 付着歯肉の幅
c 歯周組織破壊の程度
d 辺縁歯肉の炎症の有無
e  歯周ポケット底の炎症の有無

no image
103C-80 病理学

擦過創の治癒過程でみとめられるのはどれか。1つ選べ。
a 真皮層の再生
b リンパ球の浸潤
c 毛細血管の新生
d 線維芽細胞の増殖
e 扁平上皮細胞の増殖

no image
105C-47 生理学

ホルモンと作用との組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
a ガストリン - 胃酸分泌抑制
b インスリン - グリコーゲン合成抑制
c サイロキシン - 基礎代謝率低下
d コルチゾール - プロスタグランジン合成促進
e アルドステロン - 細胞外液量増加

no image
105C-19 小児歯科学

定型発達をしている小児が1歳ころに人でできるようになるのはどれか。1つ選べ。
a 上着を脱ぐ。
b はしを使う。
c コップで飲む。
d 歯磨きをする。
e 手を洗ってふく。

no image
105C-38 歯科薬理学

概形印象において、モデリングコンパウンド印象材の特徴で正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 親水性である。
b 無歯顎には用いない。
c 印象体の修正が可能である。
d アンダーカットが大きいと不適である。
e アルジネート印象材と比べて流動性が良い。

no image
105C-61 口腔衛生学

我が国の合計特殊出生率平成 21 年はどれか。1つ選べ。
a 0.67
b 1.37
c 2.07
d 2.77
e 3.27

no image
105C-59

ある男児の学校歯科健康診断の結果の一部を表に示す。学校歯科保健の事後措置で「要観察」はどれか。 2つ選べ。
a 顎関節
b 歯列・咬合
c 歯 肉
d 
e 

no image
105C-9

周産期における低酸素症が原因で生じるのはどれか。1つ選べ。
a 自閉症
b 血友病
c 脊髄損傷
d 脳性麻痺
e 筋ジストロフィー