闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105C-100 歯内療法学

根管拡大中に形成したレッジの修正で効果的なのはどれか。 2つ選べ。
a EDTA液の使用
b 根管口部のフレア形成
c リーミングによる再根管形成
d ニッケルチタンファイルの使用
e ファイルへのプレカーブの付与

解答 b e

解説

      2014/10/08

 - 歯内療法学, 105回 C問題 ,

Message

  関連記事

no image
105C-4 歯科放射線学

関節円板転位の診断に有用なのはどれか。1つ選べ。
a MRI
b 側斜位経頭蓋撮影
c エックス線断層撮影
d 眼窩下顎枝方向撮影
e パノラマエックス線撮影

no image
105C-98 歯科薬理学

歯周炎の病態に影響する薬物はどれか。 2つ選べ。
a 抗凝固薬
b スタチン類
c カルシウム拮抗薬
d プロトンポンプ阻害薬
e アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬

no image
105C-125 保存修復学

天然歯の咬合接触検査に用いるのはどれか。2つ選べ。
a バイトゲージ
b パラトグラム
c ストリップス
d パントグラフ
e 感圧フィルム

no image
105C-123 全部床義歯学

高齢無歯顎者が義歯未装着の場合に不明瞭となるのはどれか。2つ選べ。
a 人 中
b 赤 唇
c 口 裂
d 鼻唇溝
e 外斜線

no image
105C-49 解剖学

顎下腺管が通るのはどれか。1つ選べ。
a 顎下隙
b 舌下隙
c 咽頭後隙
d 翼突下顎隙
e オトガイ下隙

no image
105C-70 口腔外科学

歯科診療を水平位で行ったとき、気道閉塞を起こす危険性が高いのはどれか。1つ選べ。
a Down症候群
b Klinefelter 症候群
c 鎖骨頭蓋骨異形成症
d Treacher Collins症候群
e Beckwith-Wiedemann症候群

no image
105C-62 口腔外科学

心疾患の患者の心電図別冊No. 5を別に示す。
常用しているのはどれか。1つ選べ。
a シメチジン
b ニフェジピン
c プレドニゾロン
d ワルファリンカリウム
e サルブタモール硫酸塩

解答

解説

no image
105C-18 免疫学

急性化膿性炎で優性にみられるのはどれか。1つ選べ。
a T 細胞
b B 細胞
c 好中球
d 好酸球
e 好塩基球

no image
105C-7 口腔衛生学

介護保険制度における第2号被保険者の年齢区分はどれか。1つ選べ。
a 20 歳以上 65 歳未満
b 40 歳以上 65 歳未満
c 65 歳以上 75 歳未満
d 65 歳以上
e 75 歳以上

no image
105C-105 歯科薬理学

細菌のタンパク合成阻害薬はどれか。2つ選べ。
a オフロキサシン
b アムホテリシンB
c エリスロマイシン
d バカンピシリン塩酸塩
e ミノサイクリン塩酸塩

PREV
104C-100
NEXT
103A-100