闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105C-121 口腔外科学

メラニン色素の沈着を伴うのはどれか。2つ選べ。
a Marfan症候群
b Gardner 症候群
c Sturge-Weber 症候群
d Peutz-Jeghers症候群
e McCune-Albright 症候群

解答 d e

解説

      2014/10/29

 - 105回 C問題

Message

  関連記事

no image
105C-21

FDI の歯式で 16 と表示される歯の歯根完成時期はどれか。 1つ選べ。
a 3 ~ 4 歳ころ
b 6 ~ 7 歳ころ
c 9 ~ 10 歳ころ
d 12 ~ 14 歳ころ
e 18 ~ 25 歳ころ

no image
105C-19 小児歯科学

定型発達をしている小児が1歳ころに人でできるようになるのはどれか。1つ選べ。
a 上着を脱ぐ。
b はしを使う。
c コップで飲む。
d 歯磨きをする。
e 手を洗ってふく。

no image
105C-41 口腔外科学

化膿性炎で口腔内から切開排膿を行う部位はどれか。 2つ選べ。
a 舌下隙
b 顎下隙
c 側咽頭隙
d 翼突下顎隙
e オトガイ下隙

no image
105C-90 削除

介護保険法で地域包括支援センターに配置が義務付けられているのはどれか。 2つ選べ。
a 医 師
b 保健師
c 社会福祉士
d 介護福祉士
e 作業療法士

no image
105C-63

腱組織を構成する主な細胞はどれか。1つ選べ。
a 骨細胞
b 軟骨細胞
c 骨芽細胞
d 骨格筋細胞
e 線維芽細胞

no image
105C-60 歯内療法学

ファイバーポストを応用した直接法レジン築造が鋳造体による築造よりも優れて いるのはどれか。 2つ選べ。
a 強度が高い。
b 歯質の削除量が少ない。
c 弾性係数が象質に近い。
d 1回のチェアタイムが短い。
e 欠損が歯肉縁下に達していても応用できる。

解答

解説

no image
105C-103 口腔外科学

急性化膿性根尖性歯周炎の粘膜下期に切開を行う目的はどれか。2つ選べ。
a 患歯の安静
b 感染の除去
c 疼痛の緩和
d 腫脹の軽減
e 骨修復の促進

no image
105C-13 歯内療法学

齲蝕による急性化膿性歯髄炎と診断し、抜髄を行うこととした。 最初に行うのはどれか。1つ選べ。
a 天蓋の除去
b 髄角部の除去
c 窩洞外形の修正
d 歯髄腔への穿孔
e 感染象質の除去

no image
105C-115

老化による変化で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 骨密度の増大
b 骨格筋量の減少
c 収縮期血圧の低下
d 血管伸展性の低下
e REM 睡眠時間の増加

no image
105C-116 歯周病学

喫煙関連歯周炎で歯周組織破壊に関連するのはどれか。2つ選べ。
a 酸素分圧の低下
b 毛細血管の拡張
c 上皮の角化亢進
d 嫌気性菌の増加
e メラニン色素の増加