闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105C-122 歯科矯正学

加強固定に使用される装置はどれか。2つ選べ。
a ヘッドギア
b 咬合斜面板
c チンキャップ
d トゥースポジショナー
e Nance のホールディングアーチ

解答 a e

解説

      2014/10/30

 - 歯科矯正学, 105回 C問題

Message

  関連記事

no image
105C-56 全部床義歯学

義歯製作過程のある操作の写真別冊No. 3A、Bを別に示す。同じ目的で行う操作はどれか。 2つ選 べ。
a FGP テクニック
b Tench のコア採得
c Walkhoff 小球利用法
d ゴシックアーチ描記法
e フェイスボウトランスファー

no image
105C-91

スクリュー形状のインプラント手術で正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 1回法と2回法とがある。
b 術前に上部構造を設計する。
c 埋入前にインプラントを薬液消毒する。
d 埋入窩の形成にはエアタービンを用いる。
e インプラントよりも大きな埋入窩を形成する。

no image
105C-18 免疫学

急性化膿性炎で優性にみられるのはどれか。1つ選べ。
a T 細胞
b B 細胞
c 好中球
d 好酸球
e 好塩基球

no image
105C-119 歯科放射線学

放射線の影響で重篤度が線量に依存しないのはどれか。2つ選べ。
a 脱毛
b 骨壊死
c 遺伝的影響
d 白血球減少
e 白血病誘発

no image
103B-46 歯科矯正学

8歳の男児。歯並びが悪いことを主訴として来院した。初診時の咬頭嵌合位と早期接触位の口腔内写真(別冊No.44)を別に示す。セファロ分析の結果を図に示す。

まず行う処置はどれか。 2つ選べ。
a 上顎左側中切歯の唇側移動
b 下顎切歯の舌側移動
c 暫間的咬合挙上
d 上顎骨の成長促進
e 下顎骨の成長抑制

no image
105C-47 生理学

ホルモンと作用との組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
a ガストリン - 胃酸分泌抑制
b インスリン - グリコーゲン合成抑制
c サイロキシン - 基礎代謝率低下
d コルチゾール - プロスタグランジン合成促進
e アルドステロン - 細胞外液量増加

no image
105C-59

ある男児の学校歯科健康診断の結果の一部を表に示す。学校歯科保健の事後措置で「要観察」はどれか。 2つ選べ。
a 顎関節
b 歯列・咬合
c 歯 肉
d 
e 

no image
105C-39 社会歯科学

歯科技工士について正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 国家資格である。
b 矯正装置を作製できる。
c 歯科診療の補助ができる。
d 歯科技工指示書を記載できる。
e 歯科衛生士よりも就業者数が多い。

no image
105C-41 口腔外科学

化膿性炎で口腔内から切開排膿を行う部位はどれか。 2つ選べ。
a 舌下隙
b 顎下隙
c 側咽頭隙
d 翼突下顎隙
e オトガイ下隙

no image
105C-4 歯科放射線学

関節円板転位の診断に有用なのはどれか。1つ選べ。
a MRI
b 側斜位経頭蓋撮影
c エックス線断層撮影
d 眼窩下顎枝方向撮影
e パノラマエックス線撮影