闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105C-130

自己抗体が関与するのはどれか。1つ選べ。
a 白板症
b 紅板症
c 天疱瘡
d 手足口病
e 色素性母斑
f 疱疹性口内炎
g ヘルパンギーナ
h 色素性母斑

解答 c

解説

      2014/11/07

 - 105回 C問題

Message

  関連記事

no image
105C-121 口腔外科学

メラニン色素の沈着を伴うのはどれか。2つ選べ。
a Marfan症候群
b Gardner 症候群
c Sturge-Weber 症候群
d Peutz-Jeghers症候群
e McCune-Albright 症候群

no image
105C-95 社会歯科学

国際生活機能分類で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 障害を異常の面で捉えている。
b 心身の構造の異常を能力低下という。
c 障害から健康に至る全般の生活状態を対象とする。
d 障害によって就業できないことを活動制限という。
e 障害によって咀嚼できないことを参加制約という。

no image
105C-37 口腔衛生学

IADL<手段的日常生活動作>の測定項目はどれか。 2つ選べ。
a 家 事
b 発 音
c 嚥 下
d 更 衣
e 外 出

no image
105C-118 保存修復学

メタルインレー修復と比較してコンポジットレジン修復で不要になるのはどれか。2つ選べ。
a 予防拡大
b 保持形態
c 抵抗形態
d 便宜形態
e 窩縁形態

no image
105C-48 口腔外科学

含歯性囊胞の原因歯で最も多いのはどれか。1つ選べ。
a 上顎側切歯
b 上顎第二小臼歯
c 下顎第一小臼歯
d 下顎第一大臼歯
e 下顎第三大臼歯

no image
105C-80 歯周病学

中等度から重度の歯周炎患者に対する治療の一般的な流れを図に示す。
アとイで行う治療の組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
ア イ
a 暫間固定———-フラップ手術
b 歯肉切除術——–ヘミセクション
c 小帯切除術——–義歯装着
d スケーリング——ブリッジ装着
e 口腔清掃指導——永久固定

no image
105C-68 歯科矯正学

混合歯列期の前歯部反対咬合の患者に舌側弧線装置で治療を行うこととした。 治療によって増加するのはどれか。 2つ選べ。
a 上顎歯列弓長径
b オーバーバイト
c オーバージェット
d アンテリアレイシオ
e 上顎歯槽基底弓長径

解答

解説

no image
105C-22 歯周病学

アタッチメントレベルで判断できるのはどれか。1つ選べ。
a 歯槽骨の厚さ
b 付着歯肉の幅
c 歯周組織破壊の程度
d 辺縁歯肉の炎症の有無
e  歯周ポケット底の炎症の有無

no image
105C-96

重層扁平上皮のH-E 染色組織像別冊No. 11を別に示す。
矢印で示す部位にある細胞間接着装置はどれか。1つ選べ。
a 接着帯<中間結合>
b 密着帯<タイト結合>
c 細隙結合<ネキサス>
d 接着斑<デスモゾーム>
e 半接着斑<ヘミデスモゾーム>

no image
105C-127 口腔外科学

60歳の女性。口腔乾燥感を主訴として来院した。唾液分泌検査の結果、0.5 g/分基準値:2.0 g以上/分で唾液腺機能低下と評価された。実施した検査はどれか。1つ選べ。
a ガム試験
b Saxonテスト
c 蛍光色素試験
d Schirmer 試験
e ローズベンガル試験