闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

104A-11 一般教養

明治時代初期に近代歯科医学を我が国に伝えた主要国はどれか。1つ選べ。
a ドイツ
b オランダ
c フランス
d イギリス
e アメリカ

解答 e

解説

   

 - 一般教養, 104回 A問題

Message

  関連記事

no image
104A-113 歯科矯正学

顎間ゴムについて正しいのはどれか。 すべて選べ。
a 患者が交換する。
b 対顎が固定源となる。
c 歯に梃出力が加わる。
d 断続的強制力を発揮する。
e アクチバートルと併用する。

no image
104A-81

胎生第7週ヒト胚子の顔面の模式図を示す。
第1鰓弓に由来する突起同士が癒合する部位はどれか。 2つ選べ。

no image
104A-126 歯科矯正学

成人の不正咬合に対する治療計画を立案するために必要なのはどれか。 すべて選べ。
a 口腔模型
b 顔面写真
c セファログラム
d 手のエックス線写真
e パノラマエックス線写真

no image
104A-37 薬理学

バゾプレシンを産生する細胞が存在するのはどれか。1つ選べ。
a 海 馬
b 扁桃体
c 視床下部
d 大脳基底核
e 脳幹網様体

no image
104A-32

ある歯の咬合面観の模式図を示す。
歯種はどれか。1つ選べ。
a 上顎右側第一乳臼歯
b 上顎左側第二乳臼歯
c 下顎左側第二乳臼歯
d 下顎右側第一乳臼歯
e 下顎右側第二乳臼歯

no image
104A-39

口腔内写真(別冊No.3)を別に示す。
適切な検査はどれか。 2つ選べ。
a Saxonテスト
b ブローイング検査
c 静的パラトグラフィ
d Waters法エックス線撮影
e 軟口蓋造影側方頭部エックス線規格撮影

no image
104A-123

自己免疫疾患はどれか。 2つ選べ。
a 再生不良性貧血
b 巨赤芽球性貧血
c 慢性骨髄性白血病
d von Willebrand病
e 突発性血小板減少性紫斑病

no image
104A-96

歯性感染症の閉鎖腫瘍から分離される頻度が高いのはどれか。 2つ選べ。
a Serratia
b Neisseria
c Prevotella
d Enterococcus
e Peptostreptcoccus(Finegoldia、Micromonas)

no image
103A-22 一般教養

エックス線を発見したのは誰か。1つ選べ。
a Marie Curie
b YrjöVeli Paatero
c Wilhelm Conrad Röntgen
d Antoine Henri Becquerel
e Godfrey Newbold Hounsfield

no image
104A-24

エナメル質齲蝕と比較した根面象牙質齲蝕の特徴はどれか。1つ選べ。
a 境界が明瞭
b 非感染で発症
c 齲蝕円錐が明瞭
d 第三象牙質の形成
e white spotが顕著