闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

104A-112 歯周病学

深い歯周ポケットの除去に最も確実なのはどれか。1つ選べ。
a 新付着術
b 歯周ポケット掻爬術
c 歯肉弁根尖側移動術
d 歯肉弁歯冠側移動術
e Widman(ウィドマン)改良フラップ手術

解答 c

解説

   

 - 歯周病学, 104回 A問題

Message

  関連記事

no image
104A-57

矯正装置装着時の口腔内写真(別冊No.6)を別に示す。
この装置の矯正力の作用様式と歯の移動様式との組み合わせで正しいのはどれか。1つ選べ。
a 持続的な力―――歯体移動
b 持続的な力―――傾斜移動
c 断続的な力―――歯体移動
d 断続的な力―――傾斜移動
e 間歇的な力―――歯体移動

no image
103A-59 歯周病学

歯根膜の機能と関係するものはどれか。 2つ選べ。
a 開口反射
b 下顎張反射
c 咬合力の調節
d 象牙質の知覚
e 下顎安静位の保持

no image
105C-114 歯周病学

骨縁下ポケットに適応できないのはどれか。1つ選べ。
a GTR 法
b 歯肉切除術
c 歯周ポケット搔爬術
d エナメルタンパク質の応用
e Widman改良フラップ手術

no image
105A-87 歯周病学

高度の歯槽骨吸収を特徴とする疾患はどれか。2つ選べ。
a 類天疱瘡
b 歯肉線維腫症
c 低ホスファターゼ症
d Papillon-Lefèvre 症候群
e 全身性エリテマトーデス

no image
105A-98 歯周病学

根面齲蝕の細菌叢で高い割合を示すのはどれか。2つ選べ。
a Streptococcus mitis
b Treponema denticola
c Streptococcus mutans
d Actinomyces viscosus
e Porphyromonas gingivalis

no image
97A-5 歯周病学

歯周組織で正しいのはどれか。全て選べ。
a 接合上皮は象牙質と接している。
b 歯肉溝上皮は重層扁平上皮である。
c 歯根膜の線維芽細胞はコラーゲンを産生する。
d 固有歯槽骨にシャーピー線維が埋入している。
e 原性セメント質は細胞を封入している。

no image
104A-128

歯髄のAδ線維の特徴はどれか。 2つ選べ。
a 歯の触圧覚を伝える。
b 潜時の長い痛みを伝える。
c エナメル象牙境に分布する。
d 露出象牙質擦過で興奮する。
e 感覚神経終末は自由神経終末である。

no image
104A-10 歯科薬理学

拮抗薬の適正使用はどれか。1つ選べ。
a 選択毒性の低い薬剤を用いる。
b 予防投与では多剤を併用する。
c 初回使用量は通常量の1/2とする。
d 感受性検査の結果に基づいて用いる。
e 初回使用量は1週間以上継続して用いる。

no image
104A-70

初診時の口腔内写真(別冊No.7A)と即時義歯製作過程の写真(別冊No.7B)とを別に示す。
装着前までの埋没・重合・研磨を除いた手順で正しいのはどれか。1つ選べ。
a ア→イ→オ→ウ→エ
b エ→ア→オ→イ→ウ
c エ→オ→ア→イ→ウ
d オ→ア→イ→ウ→エ
e オ→ア→イ→エ→ウ

no image
93B-23 歯周病学

下顎小臼歯部に見られる歯肉退縮の原因と考えられるのはどれか。1つ選べ。
a 小帯付着位置異常
b 骨隆起
c 根面溝
d エナメル突起
e 堤状隆起