闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

104A-113 歯科矯正学

顎間ゴムについて正しいのはどれか。 すべて選べ。
a 患者が交換する。
b 対顎が固定源となる。
c 歯に梃出力が加わる。
d 断続的強制力を発揮する。
e アクチバートルと併用する。

解答 a b c

解説

   

 - 歯科矯正学, 104回 A問題

Message

  関連記事

no image
104A-126 歯科矯正学

成人の不正咬合に対する治療計画を立案するために必要なのはどれか。 すべて選べ。
a 口腔模型
b 顔面写真
c セファログラム
d 手のエックス線写真
e パノラマエックス線写真

no image
104A-96

歯性感染症の閉鎖腫瘍から分離される頻度が高いのはどれか。 2つ選べ。
a Serratia
b Neisseria
c Prevotella
d Enterococcus
e Peptostreptcoccus(Finegoldia、Micromonas)

no image
104A-89

臼歯部において部分床義歯に比べてインプラント支持の補綴装置が優れているのはどれか。 2つ選べ。
a 咀嚼能率がよい。
b 治療時間が短い。
c 装置の動揺が少ない。
d 外科的侵略が小さい。
e 患者の経済的負担が軽い。

no image
104A-52

頻脈がみられるのはどれか。 2つ選べ。
a 発熱
b 貧血
c 低血圧
d 甲状腺機能低下
e 血管迷走神経反射

no image
104A-44

抜歯で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 糖尿病患者は空腹時に行う。
b 血液透析中の患者は透析翌日に行う。
c ビスホスホネート服用中患者は抜歯禁忌である。
d 心臓弁置換術の既往患者は術前にアスピリン投与を行う。
e ワルファリンカリウム服用患者は1か月以上休薬してから行う。

no image
104A-3 生化学

唾液腺と同じ消化酵素を分泌するのはどれか。1つ選べ。
a 胃
b 小 腸
c 膵 臓
d 肝 臓
e 胆 嚢

no image
104A-101 歯科麻酔学

歯科用リドカイン塩酸塩・アドレナリン配合局部麻酔薬の原則禁忌はどれか。 すべて選べ。
a 糖尿病
b 高血圧症
c 慢性肝炎
d 十二指腸潰瘍
e 甲状腺機能亢進症

no image
104A-79

食事摂取基準の概念図を示す。
矢印で示すのはどれか。1つ選べ。
a 目標量
b 推奨量
c 目安量
d 上限量
e 推定平均必要量

no image
104A-51

抗原決定基との結合部位が4価なのはどれか。1つ選べ。
a IgG
b sIgA
c T細胞受容体(TCR)
d MHCクラスI分子
e MHCクラスII分子

no image
104A-92

小児齲蝕の発生リスクが低いのはどれか。1つ選べ。
a 糖尿病
b ラクトース不耐症
c フルクトース不耐症
d フェニルケトン尿症
e メープルシロップ尿症