闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

104A-123

自己免疫疾患はどれか。 2つ選べ。
a 再生不良性貧血
b 巨赤芽球性貧血
c 慢性骨髄性白血病
d von Willebrand病
e 突発性血小板減少性紫斑病

解答 b e

解説

   

 - 104回 A問題

Message

  関連記事

no image
104A-36

Breslowの提唱した7つの健康習慣にあるのはどれか。2つ選べ。
a 喫煙をしない。
b 身体を清潔に保つ。
c 乳製品を毎日とる。
d 適度に日光にあたる。
e 適正体重を維持する。

no image
104A-5 小児歯科学

定型発達の小児が2歳0か月までにできるのはどれか。1つ選べ。
a 片足で立つ。
b 数を数える。
c スプーンを使う。
d 一人で服を着る。
e 一人で歯磨きをする。

no image
104A-50

40~74歳を対象とした特定健康検査の根拠法はどれか。1つ選べ。
a 健康増進法
b 介護保険法
c 健康保険法
d 国民健康保険法
e 高齢者の医療の確保に関する法律

no image
104A-29

耳下腺組織の生理的な加齢変化はどれか。1つ選べ。
a 導管細胞の増加
b 腺房細胞の減少
c 線維芽細胞の減少
d 上皮筋上皮島の出現
e オンコサイトの消失

no image
104A-9 社会歯科学

「患者の健康を第一の関心事とする」と謳ったのはどれか。1つ選べ。
a リスボン宣言
b シドニー宣言
c ヘルシンキ宣言
d ジュネーブ宣言
e アルマ・アタ宣言

no image
104A-56

味覚の伝道路に含まれるのはどれか。 2つ選べ。
a 赤核
b 孤束核
c 迷走神経背側核
d 三叉神経主感覚核
e 視床後内側腹側核(VPM)

no image
104A-2

顎骨骨折の治癒過程での異常はどれか。1つ選べ。
a 凝血塊形成
b 肉芽組織形成
c 仮骨形成
d 偽関節形成
e 骨再構成

no image
104A-34

薬物の血中濃度変化を図に示す。
投与方法はどれか。1つ選べ。
a 皮下投与
b 経口投与
c 直腸内投与
d 筋肉内投与
e 静脈内投与

no image
104A-10 歯科薬理学

拮抗薬の適正使用はどれか。1つ選べ。
a 選択毒性の低い薬剤を用いる。
b 予防投与では多剤を併用する。
c 初回使用量は通常量の1/2とする。
d 感受性検査の結果に基づいて用いる。
e 初回使用量は1週間以上継続して用いる。

no image
104A-53

脱落した歯根完成永久歯を再植した後に生じやすいのはどれか。 2つ選べ。
a 内部吸収
b 象牙質粒
c 骨性癒着
d 歯冠の変色
e 歯髄腔狭窄