闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

86A-4 生理学

ストレス状態になったときにみられる機能変化はどれか。全て選べ。
a 血糖値の上昇
b 心拍出量の増加
c 副交感神経緊張の亢進
d 全唾液分泌量の増加
e 糖質コルチコイド分泌の増加

解答 a b e

解説

ストレス

(1)副腎皮質ホルモンの分泌
 ①電解質コルチコイド(アルドステロン)→Naの再吸収促進
 ②糖質コルチコイド(グルココルチコイド)→血糖値上昇,抗炎症作用,抗ストレス作用,骨成長の抑制
(2)交感神経の興奮
 ①血糖値上昇
 ②心臓興奮
 ③脂肪分解→血液中に脂肪酸が増える。
 ④タンパク質分解→血液中にアミノ酸が増える。
 ⑤肝臓での糖新生の促進
 ⑥副腎髄質を刺激→ここはアドレナリン(カテコールアミン)を合成•分泌するところなので、ここが刺激されると大量にこれらが分泌される。
  →これが主に、心機能の亢進や血糖値の上昇などに働く。
(3)胃腺のペプシンの分泌が促進
 ストレスによって交感神経が興奮して胃の動きが鈍くなり、食べ物が胃に残りやすくなる。これを消化酵素で何とか溶かしてしまおうと胃酸の分泌が促進される。よって、胃潰瘍になる。

      2014/06/30

 - 生理学, 86回 A問題

Message

  関連記事

no image
90A-12 生理学

ストレスにより血中濃度が上昇するのはどれか。2つ選べ。
a インスリン
b グルコース
c カテコールアミン
d コレステロール
e グリコーゲン

no image
104A-128 生理学

歯髄のAδ線維の特徴はどれか。2つ選べ。
a 歯の触圧覚を伝える。
b 潜時の長い痛みを伝える。
c エナメル象牙境に分布する。
d 露出象牙質擦過で興奮する。
e 感覚神経終末は自由神経終末である。

no image
87A-8 改 生理学

体液について正しいのはどれか。全て選べ。
a 細胞内液はNaイオンが高くKイオンが低い。
b 血漿と組織液とは主たる電解質の組成が類似する。
c 血漿はNaイオンが高くKイオンが低い。
d 細胞外液はNaイオンが高くKイオンが低い。
e 体液の浸透圧は主にClイオン濃度に依存する。

no image
107C-123 生理学

顎二腹筋の収縮を直接起こす神経線維はどれか。1つ選べ。
a Aα線維
b Aβ線維
c Aδ線維
d B線維
e C線維

no image
105A-32 生理学

骨のリモデリングに関与するのはどれか。1つ選べ。
a グルカゴン
b メラトニン
c エストロゲン
d バゾプレシン
e エンケファリン

no image
88A-4 改 生理学

触覚を伝える神経線維と比べた場合、痛覚を伝える神経線維の興奮伝導について正しいのはどれか。2つ選べ。
a 温度の影響を受けやすい。
b 圧迫の影響を受けやすい。
c 麻酔薬の影響を受けやすい。
d 伝導速度が遅い。
e 電気刺激に対する閾値が低い。

no image
105C-69 生理学

高齢者の生理的変化で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 機能的残気量が減少する。
b 圧受容体反射機能が亢進する。
c 血清アルブミン濃度が減少する。
d クレアチニンクリアランスが上昇する。
e脳血流量の自動調節能が右方移動する。

解答

解説

no image
86A-19 改 薬理学

経口投与が有効な薬物はどれか。2つ選べ。
a モルヒネ
b インスリン
c d-ツボクラルン
d ミノサイクリン
e ベンジルペニシリン

no image
105A-50 生理学

副甲状腺ホルモンの作用はどれか。1つ選べ。
a 抗利尿
b 血糖降下
c 子宮収縮
d 血清Ca値上昇
e エネルギー代謝促進

no image
106C-54 生理学

睡眠で正しいのはどれか。全て選べ。
a 唾液分泌量が減少する。
b 睡眠の深さで脳波が変化する
c 老化に伴って深い睡眠が増加する。
d REM睡眠では眼球運動が減少する。
e 新生児では10歳児よりもREM睡眠の割合が少ない。