闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103A-40 口腔外科学

口腔内写真(別冊No.1)を別に示す。
下顎左側臼歯部の骨膜下腫瘍の切開排膿術を行う患者に事前に説明すべき事項はどれか。1つ選べ。
a 開口障害
b 嚥下障害
c 下唇の知覚障害
d 下唇の運動麻痺
e 頬脂肪体への感染拡大

解答 c

解説

      2014/08/09

 - 口腔外科学, 103回 A問題

Message

  関連記事

no image
103A-24 歯科薬理学

ピラゾロン系薬過敏症の原因となるものはどれか。1つ選べ。
a アスピリン
b プレドニゾロン
c インドメタシン
d リゾチーム塩酸塩
e イソプロピルアンチピリン

no image
103A-6

粘液嚢胞の原因はどれか。1つ選べ。
a 発育異常
b 自己免疫
c 上皮迷入
d 導管損傷
e ウイルス感染

no image
口腔外科

歯原性上皮からなり、成熟した線維性間質を伴い、歯原性外胚葉性間様組織を伴わない腫瘍はどれか。2つ選べ。
a 歯芽腫
b エナメル上皮線維腫
c 角化嚢胞性歯原性腫瘍
d 石灰化上皮性歯原性腫瘍
e 石灰化嚢胞性歯原性腫瘍

no image
103A-84 口腔衛生学

保健所を設置する自治体はどれか。 すべて選べ。
a 町 村
b 中核市
c 特別区
d 都道府県
e 政令指定都市

no image
103A-61 歯科放射線学

口内法エックス線検査で、フイルムを使用する方法と比較してデジタルエックス 線画像システムが優れているのはどれか。 すべて選べ。
a 解像力が高い。
b 廃液が出ない。
c 画像処理が出来る。
d 被曝線量を低減できる。
e 撮影時の画質を維持できる。

no image
103A-50 歯科放射線学

疾患名とエックス線写真所見との組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
a 慢性骨髄炎 ― タマネギの皮状
b 歯原性粘液腫 ― すりガラス状
c 単純性骨嚢胞 ― 石けん泡状
d エナメル上皮腫 ― 針 状
e 腺腫様歯原性腫瘍 ― テニスラケット状

no image
103A-32 小児歯科学

乳児型嚥下で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 舌が前方に突出する。
b 上下の顎堤が接触する。
c 咬筋の活動が増加する。
d 口輪筋の活動が低下する。
e 歯齢ⅢA期に成熟型嚥下に移行する。

no image
103A-83 歯科矯正学

顔面の縫合と主な成長方向との組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 前頭頬骨縫合 ― 前 後
b 前頭鼻骨縫合 ― 前 後
c 鼻骨上顎縫合 ― 垂 直
d 正中口蓋縫合 ― 側 方
e 側頭頬骨縫合 ― 前 後

no image
103A-16

ヒト染色体で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 体細胞では44本ある。
b 卵子はY染色体をもつ。
c 数の異常は致死的である。
d 細胞の分裂間期でみられる。
e DNAと核タンパク質とからなる。

no image
103A-57

後天性免疫不全症候群患者に発生しやすい口腔疾患はどれか。 すべて選べ。
a 天疱瘡
b 毛様白板症
c カポジ肉腫
d 口腔扁平苔癬
e 口腔カンジダ症