闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103A-42 歯科放射線学

全身のがんの発生率を推定できるのはどれか。1つ選べ。
a 照射線量
b 実効線量
c 吸収線量
d 等価線量
e 線量限度

解答 b

解説

      2014/08/11

 - 歯科放射線学, 103回 A問題

Message

  関連記事

no image
103A-60 歯科理工学

鋳造体の精度に影響する因子はどれか。 すべて選べ。
a 鋳型の温度
b 埋没材の混水比
c 合金の融解温度
d 合金の熱膨張率
e 埋没材の熱膨張率

no image
105C-40 歯科放射線学

吸収線量から実効線量を求めるのに必要なのはどれか。 2つ選べ。
a 線量率
b 線量限度
c 組織荷重係数
d 生物学的効果比
e 放射線荷重係数

no image
103A-39 歯科薬理学

医薬品開発の臨床試験で健常人を対象として行うのはどれか。1つ選べ。
a 第I相試験
b 第Ⅱ相試験 前期
c 第Ⅱ相試験 後期
d 第Ⅲ相試験
e 第Ⅳ相試験

no image
103A-101 歯内療法学

感染根管治療で機械的拡大が重要視される理由はどれか。すべて選べ。
a 根管を無菌化できる。
b 薬剤の到達性が高まる。
c 消毒よりも簡便である。
d 根管形態を改善できる。
e 細菌の栄養源が除去できる。

no image
103A-66

1980年~2003年における日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデンの国民所得に占める社会保障給付金の割合と高齢化率の推移とを図に示す。
日本はどれか。1つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

no image
105A-24 歯科放射線学

エックス線画像検査でフィルムに入射する散乱線が少なくなるのはどれか。1つ選べ。
a 管電圧を高くする。
b 増感紙を使用する。
c 照射野を大きくする。
d グリッドを使用する。
e 被写体・フィルム間距離を短くする。

no image
103A-71

顎骨への自家骨移植の際に注意すべき常用薬はどれか。 1つ選べ。
a エチゾラム
b ニフェジピン
c ビスホスホネート
d アセトアミノフェン
e 副腎皮質ステロイド

no image
105C-2 歯科放射線学

エックス線写真別冊No. 2を別に示す。 上顎右側大臼歯の撮影法はどれか。1つ選べ。
a 平行法
b 咬翼法
c 咬合法
d 二等分法
e 歯頸部投影法

no image
103A-67 歯科理工学

通常の酸化亜鉛ユージノールセメントに対する根管充填用の酸化亜鉛ユージノー ルセメントの特徴はどれか。 2つ選べ。
a 硬化時に膨張する。
b 粉末の粒子が細かい。
c エックス線透過性である。
d 硬化時間が長めに調整されている。
e 根尖歯周組織に対して非刺激性である。

no image
103A-81 歯科放射線学

口内法エックス線撮影で照射野を小さくしたときに得られる効果はどれか。 すべて選べ。
a 散乱線の減少
b 鮮鋭度の向上
c 被曝線量の低減
d コーンカットの減少
e 被写体コントラストの上昇