闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103A-81 歯科放射線学

口内法エックス線撮影で照射野を小さくしたときに得られる効果はどれか。 すべて選べ。
a 散乱線の減少
b 鮮鋭度の向上
c 被曝線量の低減
d コーンカットの減少
e 被写体コントラストの上昇

解答 a b c e

解説

      2014/09/19

 - 歯科放射線学, 103回 A問題

Message

  関連記事

no image
103A-122

口腔内写真(別冊No.7A)とエックス線写真(別冊No.7B)とを別に示す。
この患者の第一乳臼歯の位置異常の原因として考えられるのはどれか。
2つ選べ。
a 歯根嚢胞
b 乳歯の晩期残存
c 乳歯根の骨性癒着
d 歯槽骨の発育不全
e 第一大臼歯の萌出方向の異常

no image
103A-35

咀嚼能力の低下を評価できるのはどれか。1つ選べ。
a 生化学検査
b 咬合力検査
c 咬合音検査
d エックス線画像検査
e 下顎限界運道路検査

no image
103A-102

歯科医療従事者が禁煙対策に関わることが望ましい理由はどれか。 2つ選べ。
a 禁煙補助薬を処方できる。
b 患者の体調管理が行える。
c 歯科医療従事者の喫煙率が低い。
d 歯周炎の治療に禁煙が効果的である。
e 口腔内の状態から喫煙の状況が容易に把握できる。

no image
103A-92 小児歯科学

小児期にみられる侵襲性歯周炎の特徴はどれか。 2つ選べ。
a 成長とともに改善する。
b 乳歯列期から発症する。
c 口呼吸によって誘発される。
d 歯周組織の破壊が急速である。
e 切歯や第一大臼歯に生じやすい。

no image
107C-2 歯科放射線学

実行線量で説明される低線量放射線の影響はどれか。1つ選べ。
a 白内障
b 悪性腫瘍
c 一時不妊
d 永久不妊
e 造血機能低下

no image
105C-40 歯科放射線学

吸収線量から実効線量を求めるのに必要なのはどれか。 2つ選べ。
a 線量率
b 線量限度
c 組織荷重係数
d 生物学的効果比
e 放射線荷重係数

no image
103A-9 歯科矯正学

骨格性下顎前突の特徴はどれか。1つ選べ。
a 矮小な下顎角
b 上顎歯列弓の開大
c 下顎切歯の舌側傾斜
d 過大なオーバーバイト
e AngleII級の大臼歯関係

no image
103A-85

感染性心内膜炎の予防のために抗菌薬投与が必要なのはどれか。 2つ選べ。
a 心不全
b 心筋梗塞
c  Fallot四徴症
d 人工弁置換術後
e 心房中隔欠損症

no image
103A-25

第一大臼歯の1歯欠損でブリッジ治療がインプラント治療より も有利なのはどれか。1つ選べ。
a 清掃性に優れる。
b 治療期間が短い。
c 修理が容易である。
d 食片圧入が少ない。
e 装置の生存率が高い。

no image
103A-22 一般教養

エックス線を発見したのは誰か。1つ選べ。
a Marie Curie
b YrjöVeli Paatero
c Wilhelm Conrad Röntgen
d Antoine Henri Becquerel
e Godfrey Newbold Hounsfield