闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103A-82 歯科放射線学

口内法エックス線検査に比べて歯科用コーンビームCTが優れているのはどれ か。1つ選べ。
a 解像力が高い。
b 被曝線量が少ない。
c 三次元画像が得られる。
d 軟組織を明瞭に描写できる。
e 金属によるアーチファクトが少ない。

解答 c

解説

      2014/09/20

 - 歯科放射線学, 103回 A問題

Message

  関連記事

no image
105C-40 歯科放射線学

吸収線量から実効線量を求めるのに必要なのはどれか。 2つ選べ。
a 線量率
b 線量限度
c 組織荷重係数
d 生物学的効果比
e 放射線荷重係数

no image
103A-77 小児歯科学

幼児への齲蝕原因菌の定着を抑制するのに適切なのはどれか。1つ選べ。
a 離乳を早く終了する。
b 子ども一人で間食をとる。
c 保護者の齲蝕原因菌を減らす。
d 消毒薬で子どもに口をゆすがせる。
e 保護者がマスクをつけて仕上げ磨きを行う。

no image
103A-19 社会歯科学

歯科医師免許の絶対的欠格事由はどれか。1つ選べ。
a 麻薬中毒症
b 成年被後見人
c 心身に障害があるもの
d 医事に関して不正のあった者
e 罰金以上の刑に処せられた者

no image
103A-96 クラウンブリッジ学

CAD/CAMを用いたブリッジのフレームワーク製作で正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 複製が可能である。
b 鋳造による変形がない。
c 平行測定が不要である。
d 金属しか使用できない。
e レーザー溶接が必要である。

no image
103A-61 歯科放射線学

口内法エックス線検査で、フイルムを使用する方法と比較してデジタルエックス 線画像システムが優れているのはどれか。 すべて選べ。
a 解像力が高い。
b 廃液が出ない。
c 画像処理が出来る。
d 被曝線量を低減できる。
e 撮影時の画質を維持できる。

no image
103A-110

浮腫性の歯肉炎に見られる組織変化はどれか。1つ選べ。
a 毛細血管の減少
b 血管浸透性の亢進
c 外縁上皮の角化亢進
d 接合上皮の根尖側移動
e コラーゲン線維の増加

no image
103A-49 口腔外科学

ある疾患の処方薬を表に示す。
プレドニゾロン
アシクロビル
ビタミンB12
考えられるのはどれか。1つ選べ。
a Behçet病
b Addison病
c Sjögren症候群
d Ramsay-Hunt症候群
e Melkersson-Rosenthal症候群

no image
103C-93 歯科放射線学

パノラマエックス線撮影装置でスリットを細くしたときに減少するのはどれか。 2つ選べ。
a 断層幅
b 散乱線
c 障害陰影
d 被曝線量
e コントラスト

no image
103A-40 口腔外科学

口腔内写真(別冊No.1)を別に示す。
下顎左側臼歯部の骨膜下腫瘍の切開排膿術を行う患者に事前に説明すべき事項はどれか。1つ選べ。
a 開口障害
b 嚥下障害
c 下唇の知覚障害
d 下唇の運動麻痺
e 頬脂肪体への感染拡大

no image
103C-37 歯科放射線学

線量の単位でGyはどれか。1つ選べ。
a 空気中の電離による電荷の量
b 物質が吸収したエネルギー量
c 吸収線量と放射線荷重係数の積
d 単位時間あたりの放射線壊変の回数
e 組織等価線量と組織荷重係数の積の総和