闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103A-101 歯内療法学

感染根管治療で機械的拡大が重要視される理由はどれか。すべて選べ。
a 根管を無菌化できる。
b 薬剤の到達性が高まる。
c 消毒よりも簡便である。
d 根管形態を改善できる。
e 細菌の栄養源が除去できる。

解答 b d e

解説

      2014/10/09

 - 歯内療法学, 103回 A問題

Message

  関連記事

no image
103A-113

食事バランスガイド(厚生労働省、農林水産省)の主菜に分類されるのはどれか。 2つ選べ。
a 肉
b 魚
c 野菜
d パン
e ごはん

no image
103A-83 歯科矯正学

顔面の縫合と主な成長方向との組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 前頭頬骨縫合 ― 前 後
b 前頭鼻骨縫合 ― 前 後
c 鼻骨上顎縫合 ― 垂 直
d 正中口蓋縫合 ― 側 方
e 側頭頬骨縫合 ― 前 後

no image
103A-45 全部床義歯学

全部床義歯の臼歯部人口歯が、筋圧中立帯よりも舌側に排列されていた。考えられる障害はどれか。 2つ選べ。
a 構音障害
b 舌の誤咬
c 頬粘膜の誤咬
d 平衡側の咬合干渉
e 食片介在時の義歯転覆

no image
103A-46 歯科矯正学

下顎の小臼歯抜去によるマルチブラケット治療を計画した。初診時の口腔模型の写真(別冊No.2A)と片側の歯を排列した診断用予後模型の写真(別冊No.2B)とを別に示す。
矢印の空隙から判定するのはどれか。1つ選べ。
a 固定の大きさ
b 矯正力の大きさ
c 矯正力の作用様式
d 動的治療期間
e 保定期間

no image
103A-47 小児歯科学

成人と比較した小児の歯周組織の特徴はどれか。1つ選べ。
a 歯周溝が深い。
b 辺縁歯肉が薄い。
c 重層扁平上皮が厚い。
d 歯根膜線維の量が多い。
e セメント質の石灰化度が低い。

no image
103B-6 歯内療法学

73歳の女性。上顎左側側切歯部歯肉の異常を主訴として来院した。10年前に速結前装冠を装着したが、1週間前から圧痛があるという。 左上2 のプローピングデブスは、唇側の遠心隅角部で9mm、その他はすべて2mmである。口腔内写真(別冊No6A)、エックス線写真(別冊No.6B)及び唇側の遠心隅角部の写真(別冊No.6C)を別に示す。

適切な治療方針はどれか。1つ選べ。
a 抜歯
b 根尖搔爬術
c 根尖切除術
d 感染根管治療
e 歯肉剥離搔爬術

no image
103A-17 歯科放射線学

患者の放射線防護における「行為の正当化」はどれか。1つ選べ。
a 適切な遮蔽を行う。
b 装置の保守管理を行う。
c 検査の利益が損失を上回る。
d 線量拘束値以下で検査する。
e 公衆被曝の線量限度が守る。

no image
103A-69

味覚で正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 軟口蓋に味蕾は存在しない。
b 舌下神経は味覚情報を伝える。
c 味細胞の寿命は1か月である。
d 認知閾値は塩酸よりも食塩の方が高い。
e グルタミン酸ナトリウムは味細胞に受容器電位を引き起こす。

no image
87B-29 歯内療法学

透照診が有効なのはどれか。2つ選べ。
a 歯頸部齲触
b 歯根水平破折
c 咬耗症
d 隣接面齲触
e 歯質の破折

no image
103A-9 歯科矯正学

骨格性下顎前突の特徴はどれか。1つ選べ。
a 矮小な下顎角
b 上顎歯列弓の開大
c 下顎切歯の舌側傾斜
d 過大なオーバーバイト
e AngleII級の大臼歯関係