闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103A-104 クラウンブリッジ学

支台築造の主な目的はどれか。 2つ選べ。
a 歯根破折の防止
b 歯質削除量の軽減
c クラウン保持力の調整
d クリアランス量の調整
e 支台歯の二次齲蝕防止

解答 c d

解説

      2014/10/12

 - クラウンブリッジ学, 103回 A問題

Message

  関連記事

no image
103A-109

歯磨剤で歯周病疾患予防の薬用成分はどれか。 2つ選べ。
a クロロフィル
b トリクロサン
c 硝酸カリウム
d 塩化ナトリウム
e フッ化ナトリウム

no image
103A-117

免疫不全患者の歯肉病変から培養した微生物の顕微鏡写真(別冊No.6)を別に示す。
考えられるのはどれか。1つ選べ。
a Candida albicans
b Actinomyces israelii
c Nocardia asteroides
d Aspergillus fumigatus
e Cryptococcus neoformans

no image
103A-77 小児歯科学

幼児への齲蝕原因菌の定着を抑制するのに適切なのはどれか。1つ選べ。
a 離乳を早く終了する。
b 子ども一人で間食をとる。
c 保護者の齲蝕原因菌を減らす。
d 消毒薬で子どもに口をゆすがせる。
e 保護者がマスクをつけて仕上げ磨きを行う。

no image
103A-56 口腔外科学

上皮がみられるのはどれか。 2つ選べ。
a 歯根嚢胞
b 急性化膿性歯髄炎
c 慢性潰瘍性歯髄炎
d 慢性増殖性歯髄炎
e 根尖性骨異形成型

no image
103A-116

心肺蘇生に使用する機器の写真(別冊No.5)を別に示す。
使用後に直ちに行うのはどれか。1つ選べ。
a 意識の確認
b 呼吸の確認
c 脈拍の確認
d 人工呼吸
e 胸骨圧迫

no image
103A-22 一般教養

エックス線を発見したのは誰か。1つ選べ。
a Marie Curie
b YrjöVeli Paatero
c Wilhelm Conrad Röntgen
d Antoine Henri Becquerel
e Godfrey Newbold Hounsfield

no image
103B-38 クラウンブリッジ学

44歳の男性。下顎右側第二小臼歯のクラウンが脱落したため来院した。再歯冠補綴を行う前に、ある前処置を行った。来院時の口腔内写真(別冊No.36A)と前処置後の写真(別冊No.36B)とを別に示す。

この前処置の目的はどれか。 2つ選べ
a 歯冠歯根比の改善
b 対合歯梃出の防止
c 付着歯肉幅の確保
d 支台歯への帯環効果の付与
e 支台築造体への根管ポスト長の確保

no image
103A-7 歯科放射線学

パノラマエックス線検査で蛍光増感紙を用いる理由はどれか。1つ選べ。
a 解像力の向上
b 散乱線の減少
c 障害陰影の防止
d 被曝線量の低減
e 被写体コントラストの上昇

no image
103A-31 社会歯科学

診療録で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 保存は初診時から5年間である。
b 記載の修正時には修正液を用いる。
c 診療内容ごとに行を空けて記載する。
d 電子媒体での保存が認められている。
e 医療機関内に保存しなければならない。

no image
103A-41 口腔衛生学

産業医が作業場での有害発生の危険性を勧告する対象はどれか。1つ選べ。
a 事業者
b 従事者
c 衛生委員会
d 衛生管理者
e 衛生推進者