闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103A-126

脳卒中後の口腔機能のリハビリテーションにおいて歯科医師が最も貢献できるの  はどれか。1つ選べ。
a 治療的アプローチ
b 代償的アプローチ
c 経済的アプローチ
d 心理的アプローチ
e 環境改善アプローチ

解答 b

解説

      2014/11/03

 - 103回 A問題

Message

  関連記事

no image
103A-82 歯科放射線学

口内法エックス線検査に比べて歯科用コーンビームCTが優れているのはどれ か。1つ選べ。
a 解像力が高い。
b 被曝線量が少ない。
c 三次元画像が得られる。
d 軟組織を明瞭に描写できる。
e 金属によるアーチファクトが少ない。

no image
103A-16

ヒト染色体で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 体細胞では44本ある。
b 卵子はY染色体をもつ。
c 数の異常は致死的である。
d 細胞の分裂間期でみられる。
e DNAと核タンパク質とからなる。

no image
103A-54 口腔外科学

Küttner腫瘍でみられるのはどれか。1つ選べ。
a 腺房の増生
b 肉芽腫の形成
c 好中球の浸潤
d 線維組織の増生
e 核内封入体の出現

no image
103A-96 クラウンブリッジ学

CAD/CAMを用いたブリッジのフレームワーク製作で正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 複製が可能である。
b 鋳造による変形がない。
c 平行測定が不要である。
d 金属しか使用できない。
e レーザー溶接が必要である。

no image
103A-104 クラウンブリッジ学

支台築造の主な目的はどれか。 2つ選べ。
a 歯根破折の防止
b 歯質削除量の軽減
c クラウン保持力の調整
d クリアランス量の調整
e 支台歯の二次齲蝕防止

no image
103A-119

陶材焼付鋳造冠によるブリッジと比較した接着ブリッジの欠点はどれか。1つ選べ。
a 治療日数が多い。
b 歯質削除量が多い。
c 印象採得が難しい。
d 咬合採得が難しい。
e 適応症が限られる。

no image
103A-34

咀嚼時に食物が口腔外にこぼれるのを防ぐのに最も関与するのはどれか。1つ選べ。
a 笑 筋
b 頬 筋
c 広頸筋
d 口輪筋
e 口角挙筋

no image
103A-22 一般教養

エックス線を発見したのは誰か。1つ選べ。
a Marie Curie
b YrjöVeli Paatero
c Wilhelm Conrad Röntgen
d Antoine Henri Becquerel
e Godfrey Newbold Hounsfield

no image
103A-69

味覚で正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 軟口蓋に味蕾は存在しない。
b 舌下神経は味覚情報を伝える。
c 味細胞の寿命は1か月である。
d 認知閾値は塩酸よりも食塩の方が高い。
e グルタミン酸ナトリウムは味細胞に受容器電位を引き起こす。

no image
103A-83 歯科矯正学

顔面の縫合と主な成長方向との組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 前頭頬骨縫合 ― 前 後
b 前頭鼻骨縫合 ― 前 後
c 鼻骨上顎縫合 ― 垂 直
d 正中口蓋縫合 ― 側 方
e 側頭頬骨縫合 ― 前 後