闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103A-130

緩衝能を測定する齲蝕活動性試験の検体と検査に用いる材との組合せで正しいのは  どれか。1つ選べ。
a 唾 液 ― 乳 酸
b 唾 液 ― グルコース
c 唾 液 ― エナメル質
d 歯 垢 ― pH指示薬
e 歯 垢 ― スクロース

解答 a

解説

      2014/11/07

 - 103回 A問題

Message

  関連記事

no image
103A-34

咀嚼時に食物が口腔外にこぼれるのを防ぐのに最も関与するのはどれか。1つ選べ。
a 笑 筋
b 頬 筋
c 広頸筋
d 口輪筋
e 口角挙筋

no image
103A-3 クラウンブリッジ学

間接法と比較して直説法による支台築造で正しいのはどれか。
a 防湿が容易である。
b 1回の診療時間が短い。
c 帯冠効果が不要である。
d 支台歯の形態を確保しやすい。
e 窩洞のアンダーカットが許される。

no image
103A-32 小児歯科学

乳児型嚥下で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 舌が前方に突出する。
b 上下の顎堤が接触する。
c 咬筋の活動が増加する。
d 口輪筋の活動が低下する。
e 歯齢ⅢA期に成熟型嚥下に移行する。

no image
103A-90

クオラムセンシングで感知されるのはどれか。1つ選べ。
a 走化性因子
b 外来性DNA
c βラクタム薬
d 菌体内酸化物質
e オートインデューサー

no image
103A-71

顎骨への自家骨移植の際に注意すべき常用薬はどれか。 1つ選べ。
a エチゾラム
b ニフェジピン
c ビスホスホネート
d アセトアミノフェン
e 副腎皮質ステロイド

no image
103A-116

心肺蘇生に使用する機器の写真(別冊No.5)を別に示す。
使用後に直ちに行うのはどれか。1つ選べ。
a 意識の確認
b 呼吸の確認
c 脈拍の確認
d 人工呼吸
e 胸骨圧迫

no image
103A-53 改 全部床義歯学

耐火模型の製作にあたり作業用模型上で行うのはどれか。 2つ選べ。
a 骨隆起のリリーフ
b ビーディングの付与
c ガイドプレーンの形成
d 維持腕のワックスアップ
e ティッシュストップの付与

no image
103A-68

筋機能療法の目的はどれか。 すべて選べ。
a 舌の筋力強化
b 口唇の筋力硬化
c 咀嚼筋の筋力強化
d 適切な舌位置の習得
e 適切な舌運動の習得

no image
103A-1 歯周病学

歯周炎と相互に影響を及ぼすのはどれか。1つ選べ。
a 白血病
b 狭心症
c 糖尿病
d 高血圧症
e 誤嚥性肺炎

no image
103A-122

口腔内写真(別冊No.7A)とエックス線写真(別冊No.7B)とを別に示す。
この患者の第一乳臼歯の位置異常の原因として考えられるのはどれか。
2つ選べ。
a 歯根嚢胞
b 乳歯の晩期残存
c 乳歯根の骨性癒着
d 歯槽骨の発育不全
e 第一大臼歯の萌出方向の異常