闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103C-58 全部床義歯学

無歯顎者に対する個人トレーを用いた最終印象時に行うのはどれか。 2つ選べ。
a 粘膜調整
b 粘膜の触診
c 印象法の選択
d 把柄の位置の点検
e 筋の付着部位の確認

解答 d e

解説

   

 - 全部床義歯学, 103回 C問題

Message

  関連記事

no image
103C-76

象牙細管液の流量が上昇するのはどれか。1つ選べ。
a 歯髄の変性
b スミヤー層の存在
c 透明象牙質の形成
d 第三象牙質の形成
e 象牙細管内径の拡大

no image
103C-8

空腹時血糖値が280mg/dlの人が異常値を示すのはどれか。1つ選べ。
a ALP
b LDH
c RBC
d WBC
e HbA1c

no image
103A-53 改 全部床義歯学

耐火模型の製作にあたり作業用模型上で行うのはどれか。 2つ選べ。
a 骨隆起のリリーフ
b ビーディングの付与
c ガイドプレーンの形成
d 維持腕のワックスアップ
e ティッシュストップの付与

no image
103C-114

反対咬合を特徴とするのはどれか。 2つ選べ。
a 猫鳴き症候群
b Crouzon症候群
c 鎖骨頭蓋骨異形成症
d Russell-Silver症候群
e Treacher-Collins症候群

no image
103B-17 全部床義歯学

78歳の女性。上顎の違和感を訴えて在宅診療を希望した。患者は6年前に上下顎全部床義歯を装着したが、5年前から寝たきりである。初診時の口腔内写真(別冊No.16A)と使用中の義歯の写真(別冊No.16B)とを別に示す。

最初に行うのはどれか。1つ選べ。
a 咬合調整
b 粘膜調整
c リリーフ
d リライン
e 義歯清掃指導

no image
103C-32

咬合高径の減少によって生じやすいのはどれか。1つ選べ。
a 上顎前歯の唇側傾斜
b 下顎前歯の歯冠離開
c 下顎前歯の舌側傾斜
d 臼歯の歯間離開
e 臼歯の遠心傾斜

no image
103C-17

2008年ノーベル化学賞受賞者の下村脩 博士の業績と関連するのはどれか。 1つ選べ。
a RNAの触媒機能
b 緑色蛍光タンパク質
c キラル触媒による不斉反応
d ソフトレーザー脱離イオン化法
e ユビキチンを介したタンパク質分解

no image
103C-21 歯周病学

GTR法で根面に誘導するのはどれか。1つ選べ。
a 歯肉上皮組織
b 歯肉結合組織
c 骨膜由来組織
d 歯根膜由来組織
e 歯槽粘膜結合組織

no image
103C-51

骨延長術が用いられるのはどれか。1つ選べ。
a くる病
b 大理石骨病
c Gardner症候群
d Goldenhar症候群
e McCute-Albright症候群

no image
103C-49

全身疾患と口腔所見の組合わせで正しいのはどれか。 すべて選べ。
a 血友病 ― 歯肉線維化
b クレチン病 ― 巨舌
c Down症候群 ― 歯の早期萌出
d 再生不良性貧血 ― 点状出血
e Pierre Robin症候群 ― 舌根沈下