闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103C-104

骨粗鬆症で増加するのはどれか。 2つ選べ。
a 軟骨細胞
b 破骨細胞
c 血液幹細胞
d 間葉系幹細胞
e 骨髄脂肪細胞

解答 b e

解説

   

 - 103回 C問題

Message

  関連記事

no image
103C-92

第一大臼歯の萌出経路を図に示す。
頻度が高いのはどれか。1つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

no image
103C-90 歯周病学

プラークコントロールが症状の改善に 有効でないのはどれか。1つ選べ。
a 妊娠関連歯肉炎
b 糖尿病関連歯肉炎
c 萌出期関連歯肉炎
d アレルギー性歯肉炎
e フェニトイン歯肉増殖症

no image
103C-115

歯科疾患実態調査の結果を図に示す。
この図が示すのはどれか。1つ選べ。
a DMF者率
b 処置完了者率
c 歯ブラシ使用者率
d 20歯以上保有者率
e 4mm以上の歯周ポケット保有者率

no image
103C-78

ワルファリンカリウム服用患者の抜歯で必要な検査項目はどれか。1つ選べ。
a PT-INR
b 出血時間
c 血小板数
d 血清FDP
e 血漿フィブリノゲン

no image
103C-118

我が国で行われている移植で多いのはどれか。 2つ選べ。
a 角 膜
b 心 臓
c 肺 臓
d 脾 臓
e 腎 臓

no image
103C-54

唾液腺に腫脹を呈する疾患はどれか。 2つ選べ。
a Down症候群
b Marfan症候群
c Sjogren 症候群
d Mikulicz症候群
e Peutz-Jeghers症候群

no image
103C-96

既往歴の聴取で得るべき情報はどれか。 2つ選べ。
a 患者の人生観
b 現疾患との関連性
c 現疾患の発病日時
d 患者の解釈モデル
e 薬物アレルギーの有無

no image
103C-17

2008年ノーベル化学賞受賞者の下村脩 博士の業績と関連するのはどれか。 1つ選べ。
a RNAの触媒機能
b 緑色蛍光タンパク質
c キラル触媒による不斉反応
d ソフトレーザー脱離イオン化法
e ユビキチンを介したタンパク質分解

no image
103C-89

無作為抽出した標本に同一の食品を摂取させ、アンケートに回答してもらった結果を表に示す。
この結果から食品の好き嫌いが性別によって影響されているか否かを分析する方法はどれか。1つ選べ。
a t検定
b U検定
c x2分析
d 相関分析
e 分散分析

no image
103C-9 社会歯科学

健康増進法に基づく健康増進計画の策定義務があるのはどれか。1つ選べ。
a 国
b 都道府県
c 政令市
d 特別区
e 市町村