闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

104C-58 保存修復学

くさび状欠損の進行に関与するのはどれか。 すべて選べ。
a 口呼吸
b 酸性飲料
c フッ化物洗口
d クレンチング
e ブラッシング

解答 b d e

解説

   

 - 保存修復学, 104回 C問題

Message

  関連記事

no image
104C-112

リンガルアーチを用いて歯を近心傾斜移動させた場合に、根尖部近心側歯根膜にみられる変化はどれか。1つ選べ。
a 充血帯
b 貧血帯
c 硝子変性
d 破骨細胞の増加
e 歯根膜線維の伸展

no image
104C-57 歯科理工学

歯科用CAD/CAMで加工が可能なのはどれか。 2つ選べ。
a チタン
b β-TCP
c 硫化亜鉛
d カオリン
e ジルコニア

no image
105C-118 保存修復学

メタルインレー修復と比較してコンポジットレジン修復で不要になるのはどれか。2つ選べ。
a 予防拡大
b 保持形態
c 抵抗形態
d 便宜形態
e 窩縁形態

no image
104C-49

全部床義歯製作時の作業用模型の写真(別冊No.3)を別に示す。
矢印と同じ処置が必要な部位はどれか。1つ選べ。
a 頬 棚
b 口蓋小窩
c 顎舌骨筋線
d アーライン
e レトロモラーパッド

no image
104C-55

ろう付け前に適合していた臼歯ブリッジの支台装置が、ろう付け後に適合しなかった。 
考えられる原因はどれか。 2つ選べ。
a 印象体が変形した。
b 偏心位で咬合採得した。
c 咬合面コアが変形した。
d 鋳造収縮の補償が不足した。
e 支台歯間の平行性がなかった。

no image
104C-95 歯周病学

歯肉切除術と比べて歯肉弁根尖側移動術の利点はどれか。1つ選べ。
a 新付着の獲得
b 角化歯肉の減少
c 付着歯肉の増加
d 歯根露出の軽減
e ポケット深さの減少

no image
104C-39

Japan Coma Scaleによる意識障害の評価で「痛み刺激に対して全く反応しない」状態はどれか。1つ選べ。
a Ⅰ-1
b Ⅱ-10
c Ⅱ-30
d Ⅲ-100
e Ⅲ-300

no image
104C-67

象牙質知覚過敏症の治療法で、象牙細管封鎖を期待するのはどれか。 すべて選べ。
a 咬合調整
b 低出力レーザー照射
c フッ化物のイオン導入
d シュウ酸塩水溶液の塗布
e ボンディングシステムの応用

no image
104C-88

オトガイ筋を支配する顔面神経の枝はどれか。1つ選べ。
a 頸 枝
b 後頭枝
c 頬骨枝
d 側頭枝
e 下顎縁枝

no image
104C-109

摂食・嚥下障害で咽頭期に起因する症状はどれか。 2つ選べ。
a むせる。
b 咀嚼に時間がかかる。
c 食事後に声が変化する。
d 口から食物がこぼれる。
e 食渣が口腔前庭に停滞する。