闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

104C-122 口腔外科学

歯根嚢胞が感染根管治療で治癒しにくい理由はどれか。1つ選べ。
a 膿瘍の存在
b 内容液の存在
c 硬化骨の存在
d 上皮層の存在
e 肉芽組織の存在

解答 d

解説

   

 - 104回 C問題

Message

  関連記事

no image
104C-37

脳血管障害で生じる可能性のある摂食・嚥下障害の病態はどれか。 すべて選べ。
a 開口制限
b 舌運動障害
c 口腔感覚障害
d 口唇閉鎖不全
e 咀嚼筋運動障害

no image
104C-16

コンポジットレジンインレー修復でシランカップリング処理を行う理由はどれか。1つ選べ。
a 歯質の強化
b 色調の改善
c 接着性の向上
d セメントの硬化促進
e インレー体の強度向上

no image
104C-120

クレアチニンクリアランスが標準値よりも低い患者の歯科治療で、常用量投与が可能な抗菌薬はどれか。 2つ選べ。
a セフェム系
b ペニシリン系
c マクロライド系
d アミノグリコシド系
e テトラサイクリン系

no image
104C-10 生理学

副交感神経の活動で生じるのはどれか。1つ選べ。
a 縮 瞳
b 心拍数増加
c 胃液分泌減少
d 気管支筋弛緩
e 皮膚血管収縮

no image
104C-107

コンポジットレジンインレー修復で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 窩洞の深さは1.0mmを目安とする。
b スライスカットを行う。
c レジンコーティングは接着性を向上させる。
d 水硬性仮封材が用いられる。
e ポリカルボキシレートセメントで装着する。

no image
104C-127

99nl Tc-MDPを用いた核医学検査で判定できるのはどれか。 2つ選べ。
a 唾液の分泌能
b 骨髄炎の活動性
c 軟部嚢胞の性状
d 悪性腫瘍の骨への転移
e 悪性腫瘍の軟組織への転移

no image
104C-71

LeavellとClarkの疾病予防の概念による歯周疾患の予防に関する組み合わせで正しいのはどれか。 2つ選べ。
a 第一次予防 - PMTC
b 第一次予防 - 動揺歯の固定
c 第二次予防 - 歯周基本治療
d 第二次予防 - 禁煙指導
e 第三次予防 - 歯石除去

no image
104C-58 保存修復学

くさび状欠損の進行に関与するのはどれか。 すべて選べ。
a 口呼吸
b 酸性飲料
c フッ化物洗口
d クレンチング
e ブラッシング

no image
104C-8

肉芽腫の類上皮細胞の由来はどれか。1つ選べ。
a 好中球
b 好酸球
c 肥満細胞
d リンパ球
e マクロファージ

no image
104C-92

血漿のタンパク分画を検査した際の電気泳動像と濃度パターン(別冊No.7)を別に示す。
矢印で示すのはどれか。1つ選べ。
a アミラーゼ
b アルブミン
c コラーゲン
d ヘモグロビン
e γ-グロブリン