闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

104C-125

59歳の女性。歯肉の膨張を主訴として来院した。10年前からカルシウム拮抗薬を服用しているという。初診時の口腔内写真(別冊No.10A)とエックス線写真(別冊No.10B)とを別に示す。
歯周組織にみられるのはどれか。1つ選べ。
a 歯槽骨の増生
b 歯肉膿瘍の形成
c 歯肉繊維の増加
d セメント質の肥厚
e 上皮性付着の歯冠側移動

解答 c

解説

   

 - 104回 C問題

Message

  関連記事

no image
104C-30

抗菌薬の投与が原因となるのはどれか。1つ選べ。
a 白板症
b 黒毛舌
c 溝状舌
d 地図状舌
e 扁平苔癬

no image
104C-99

従来型グラスアイオノマーセメントの架橋に関与するのはどれか。 2つ選べ。
a フッ化物イオン
b カルシウムイオン
c ナトリウムイオン
d アルミニウムイオン
e マグネシウムイオン

no image
104C-74

アンテリアレイシオが小さくなるのはどれか。 2つ選べ。
a 上顎正中過剰歯
b 上顎中切歯が巨大歯
c 上顎側切歯の先天欠如
d 下顎側切歯と犬歯の癒合
e 下顎第二小臼歯の先天欠如

no image
104C-55

ろう付け前に適合していた臼歯ブリッジの支台装置が、ろう付け後に適合しなかった。 
考えられる原因はどれか。 2つ選べ。
a 印象体が変形した。
b 偏心位で咬合採得した。
c 咬合面コアが変形した。
d 鋳造収縮の補償が不足した。
e 支台歯間の平行性がなかった。

no image
104C-18

抜歯後異常出血の原因はどれか。1つ選べ。
a 歯根膜の残存
b 窩壁の骨硬化
c 破折根の残存
d 骨鋭縁の残存
e 炎症性組織の残存

no image
104C-6 保存修復学

口腔内写真(別冊No.1)を別に示す。
歯の変色の原因として考えられるのはどれか。1つ選べ。
a 喫 煙
b 歯髄壊死
c フッ素症
d 象牙質形成不全
e テトラサイクリン服用

no image
104C-117

第一小臼歯、第一大臼歯および第二大臼歯を支台歯とした陶材焼付ブリッジを製作することとした。治療中の口腔内写真(別冊No.9)を別に示す。
この操作の目的はどれか。1つ選べ。
a 顎間関係を記録する。
b 基底面形態を決定する。
c 歯冠豊隆を適正にする。
d 犬歯誘導咬合を再現する。
e 陶材の焼付範囲を決定する。

no image
104C-76

骨性癒着を生じやすいのはどれか。 2つ選べ。
a 下顎乳犬歯
b 上顎第一乳臼歯
c 上顎第二乳臼歯
d 下顎第一乳臼歯
e 下顎第二乳臼歯

no image
104C-103

復位性顎関節円板前方転位で特徴的な所見はどれか。1つ選べ。
a 開口制限
b クレピタス
c クリッキング
d 咀嚼筋の圧痛
e 咬合時の顎間接痛

no image
104C-111

健康増進法に基づいて市町村が実施するのはどれか。 2つ選べ。
a 歯周疾患検診
b 骨粗鬆症検診
c 特殊健康診断
d 特定健康診査
e 妊婦健康診査