闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

104C-129 部分床義歯学

KennedyI級とII級の症例で大連結子に弾力性に富む高分子材料を用いた場合に生じる不都合とはどれか。 すべて選べ。
a 構音障害
b 審美性の低下
c 床下粘膜負担圧の偏在
d 咀嚼時の義歯安定の低下
e 直接支台装置の負担増加

解答 c d e

解説

   

 - 部分床義歯学, 104回 C問題

Message

  関連記事

no image
103A-91 部分床義歯学

ニアゾーンのアンダーカットを利用する環状型のスクラプはどれか。 2つ選べ。
a リングクラスプ
b Iバーククラスプ
c ヘアピンクラスプ
d エーカースクラスプ
e バックアクションクラスプ

no image
104C-106

催奇形性因子はどれか。 すべて選べ。
a 風 疹
b 喫 煙
c 肥 満
d 高血圧
e 放射線

no image
104C-90

先天異常と不正咬合との組み合わせでどれか。 2つ選べ。
a 口唇・口蓋裂 ― 反対咬合
b Crouzon症候群 ― 上顎前突
c 鎖骨頭蓋骨異形成症 ― 上顎前突
d Pierre Robin症候群 ― 反対咬合
e Treacher Cllins症候群 ― 上顎前突

no image
104C-82 免疫学

食作用を有するのはどれか。 2つ選べ。
a 好酸球
b 好中球
c リンパ球
d 形質細胞
e マクロファージ

no image
103B-52,53 部分床義歯学

次の文により52、53の問いに答えよ。
80歳の女性。咀嚼困難を主訴として来院した。半年前に上顎義歯を装着し、調整を繰り返したが、噛みにくいという。義歯の適合と咬合高径とに問題はなく、上下顎義歯床下粘膜に異常を認めない。診療中の口腔内写真(別冊No.49A)とリマウントした義歯の写真(別冊No.49B)とを別に示す。
52 写真Aに示す操作に必要な要件はどれか。 2つ選べ。
a 正中線の一致
b ワックスの穿孔
c 最大咬合力の発揮
d 中心咬合位への誘導
e ワックスの均一な軟化
53 次に行う処置はどれか。 2つ選べ。
a 咬合調整
b 咬合面再形成
c 床面積の拡大
d クラスプの追加
e パラタルバーの追加

no image
104C-44

口臭官能試験前における検査者の禁止事項はどれか。 2つ選べ。
a 洗 口
b 喫 煙
c 舌苔除去
d ブラッシング
e コーヒーの飲用

no image
104C-18

抜歯後異常出血の原因はどれか。1つ選べ。
a 歯根膜の残存
b 窩壁の骨硬化
c 破折根の残存
d 骨鋭縁の残存
e 炎症性組織の残存

no image
104C-94

全部床義歯の両側性平衡咬合で正しいのはどれか。1つ選べ。
a Speeの彎曲を必要とする。
b 臘義歯の段階で完成させる。
c 解剖学的人工歯を必要とする。
d 咀嚼末期の義歯の安定を図る。
e 歯槽頂間線の法則によって決定される。

no image
104C-40

マルチブラケット装置による治療終了時に撮影するパノラマエックス線写真で評価するのはどれか。 2つ選べ。
a 歯根の平行性
b 咬合の緊密度
c 二態咬合の有無
d 歯根吸収の有無
e 咬合平面の傾斜度

no image
104C-97 口腔外科学

Bell麻痺の症状はどれか。 2つ選べ。
a 耳鳴り
b めまい
c 味覚異常
d 外耳道の水疱
e 唾液分泌障害