闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103C-130 歯科麻酔学

歯科治療の際、写真(別冊No.10)の対応が必要なのはどれか。2つ選べ。

a 自閉症
b 白血病
c 脳性麻痺
d Fallotの四徴症
e ネフローゼ症候群

解答 c d

解説

      2014/11/07

 - 歯科麻酔学, 103回 C問題

Message

  関連記事

no image
103C-93 歯科放射線学

パノラマエックス線撮影装置でスリットを細くしたときに減少するのはどれか。 2つ選べ。
a 断層幅
b 散乱線
c 障害陰影
d 被曝線量
e コントラスト

no image
103C-106

口腔インプラント治療のリスク因子はどれか。 すべて選べ。
a 飲酒習慣
b 喫煙習慣
c ブラキシズム
d 重度歯周疾患
e 閉鎖型睡眠時呼吸障害

no image
103C-119

慢性再発性アフタの患者で留意すべき皮膚症状はどれか。1つ選べ。
a 皮下腫瘤
b 色素性母斑
c 結節性紅斑
d 手掌の多発性膿疱
e 足蹠の多発性小窩

no image
103C-24

基低膜の構成成分はどれか。1つ選べ。
a ケラチン
b ラミニン
c Ⅰ型コラーゲン
d Ⅱ型コラーゲン
e オステオポンチン

no image
103C-105

メッキ工場の従業員に労働安全衛生法に基づいて歯科医師による健康診断を実施 することとなった。特に留意すべきなのはどれか。1つ選べ。
a 歯石の沈着
b 顎骨の壊死
c 歯表面の脱灰
d カドミウム黄色環
e 口腔粘膜のびらん

no image
103C-123 生化学

欠乏によって味覚障害をきたすのはどれか。1つ選べ。
a 鉄
b 銅
c 亜 鉛
d フッ素
e マグネシウム

no image
103C-4 免疫学

Bリンパ球に潜伏するのはどれか。1つ選べ。
a influenza virus
b hepatitis B virus
c Epstein-Barr virus
d varicella-zoster virus
e herpes simplex virus type 1

no image
103C-90 歯周病学

プラークコントロールが症状の改善に 有効でないのはどれか。1つ選べ。
a 妊娠関連歯肉炎
b 糖尿病関連歯肉炎
c 萌出期関連歯肉炎
d アレルギー性歯肉炎
e フェニトイン歯肉増殖症

no image
103C-104

骨粗鬆症で増加するのはどれか。 2つ選べ。
a 軟骨細胞
b 破骨細胞
c 血液幹細胞
d 間葉系幹細胞
e 骨髄脂肪細胞

no image
103C-37 歯科放射線学

線量の単位でGyはどれか。1つ選べ。
a 空気中の電離による電荷の量
b 物質が吸収したエネルギー量
c 吸収線量と放射線荷重係数の積
d 単位時間あたりの放射線壊変の回数
e 組織等価線量と組織荷重係数の積の総和