闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

103B-26 歯周病学

70歳の男性。歯周治療終了後、SPT<supportive periodontal therapy>に移行することとした。移行時の口腔内写真(別冊No.24A)とエックス線写真(別冊No.24B)とを別に示す。

SPT期間中に前歯部で発生するリスクが高いのはどれか。 2つ選べ
a 食片圧入
b 歯根破折
c 急性歯髄炎
d 暫間固定の破損
e 歯肉縁上歯石の付着

解答 d e

解説

      2014/08/26

 - 歯周病学, 103回 B問題

Message

  関連記事

no image
103B-50,51 口腔外科学

次の文により50、51の問いに答えよ。
18歳の女子。両側下顎の腫脹を主訴として来院した。数年前から同部が腫脹することがあったが放置していたという。本人のエックス線写真(別冊No.48A)、弟のエックス線写真(別冊No.48B)及び本人の生検時のH-E染色病理組織像(別冊No.48C)を別に示す。
50 この疾患で他に見られるのはどれか。 2つ選べ。
a 小下顎症
b 二分助骨
c 多発性骨腫
d 手掌の小窩
e カフェオレ班
51 この疾患の遺伝形式はどれか。1つ選べ。
a 伴性優性遺伝
b 伴性劣性遺伝
c 常染色体優性遺伝
d 常染色体劣性遺伝
e ミトコンドリア遺伝

no image
103B-19 小児歯科学

15歳の男子。臼歯部の異常を主訴として来院した。脳性麻痺による接食嚥下障害のため、経管栄養であるという。初診時の口腔内写真(別冊No.18)を別に示す。

適切な対応はどれか。1つ選べ。
a 経過観察
b 歯冠修復
c 歯肉切除術
d スケーリング
e フッ化物塗布

no image
85A-1 改 歯周病学

歯根膜に存在するのはどれか。全て選べ。
a タイプⅠコラーゲン
b タイプⅡコラーゲン
c 弾性線維
d オキシタラン線維
e マラッセ上皮遺残

no image
103C-21 歯周病学

GTR法で根面に誘導するのはどれか。1つ選べ。
a 歯肉上皮組織
b 歯肉結合組織
c 骨膜由来組織
d 歯根膜由来組織
e 歯槽粘膜結合組織

no image
103B-23 口腔外科学

63歳の男性。口腔内の疼痛を主訴として来院した。7日前から智歯周囲炎のため抗菌薬を服用している。昨日から熱発し、眼の充血と全身の皮膚の発赤とが生じ、口腔内全体がしみるようになり食事が困難になったという。初診時の口腔内写真(別冊No.21)を別に示す。血液検査の結果を表に示す。

この疾患の病態はどれか。1つ選べ。
a 化学的損傷
b 菌交代現象
c 自己免疫疾患
d 日和見感染症
e アレルギー性疾患

no image
105A-98 歯周病学

根面齲蝕の細菌叢で高い割合を示すのはどれか。2つ選べ。
a Streptococcus mitis
b Treponema denticola
c Streptococcus mutans
d Actinomyces viscosus
e Porphyromonas gingivalis

no image
103B-24 口腔外科学

18歳の女子。下顎前突と前歯部の開咬とを主訴として来院した。初診時のエッ クス線写真(別冊No.22A)で下顎左側第一大臼歯根尖部に異常を認めたが、同部の 自覚症状はないという。CT(別冊No.22B、C)を別に示す。

この病変に対する適切な処置はどれか。1つ選べ。
a 経過観察
b 抗菌薬投与
c 生 検
d 左下6 の抜歯
e 病変の摘出

no image
89B-19 改 歯周病学

歯肉の上皮について正しいのはどれか。2つ選べ。
a 上皮突起は頬粘膜の方が発達している。
b ターンオーバーが遅延すると角化しない。
c 歯肉溝上皮と付着上皮との境界は移行上皮から構成されている。
d 口腔上皮は重層扁平上皮から構成されている。
e 付着上皮を構成する上皮は角化や錯角化しない。

no image
103B-6 歯内療法学

73歳の女性。上顎左側側切歯部歯肉の異常を主訴として来院した。10年前に速結前装冠を装着したが、1週間前から圧痛があるという。 左上2 のプローピングデブスは、唇側の遠心隅角部で9mm、その他はすべて2mmである。口腔内写真(別冊No6A)、エックス線写真(別冊No.6B)及び唇側の遠心隅角部の写真(別冊No.6C)を別に示す。

適切な治療方針はどれか。1つ選べ。
a 抜歯
b 根尖搔爬術
c 根尖切除術
d 感染根管治療
e 歯肉剥離搔爬術

no image
103B-35 口腔外科学

36歳の男性。上顎右側歯肉頬移行部の腫脹と疼痛とを主訴として来院した。6か月前から同部の腫脹が出現し持続している。20年前に蓄膿症の手術を受けているという。初診時のエックス線写真(別冊No.33A)とCT(別冊No.33B、C)とを別に示す。

考えられる病態はどれか。1つ選べ。
a 残存上皮の嚢胞化
b 粘液貯留嚢胞の感染
c 鼻炎による自然孔の閉鎖
d 頬脂肪体の上顎洞への侵入
e 悪性腫瘍による上顎洞壁の破壊