闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

106C-9 歯周病学

小児期から重度歯周炎を発症するのはどれか。1つ選べ。
a 鰓弓症候群
b Crouzon症候群
c 鎖骨頭蓋骨異形成症
d 周期性好中球減少症
e Treacher Collins症候群

解答 d

解説

   

 - 歯周病学, 106回 C問題

Message

  関連記事

no image
歯周病学

歯周疾患の宿主関連リスクファクターはどれか。2つ選べ。
a 喫 煙
b 加 齢
c 糖尿病
d ストレス
e 冠状動脈心疾患

no image
101A-18 歯周病学

プラークの除去能が最も低いのはどれか。1つ選べ。
a 歯間ブラシ
b 電動歯ブラシ
c 手用歯ブラシ
d 水流圧洗浄器
e デンタルフロス

no image
105C-80 歯周病学

中等度から重度の歯周炎患者に対する治療の一般的な流れを図に示す。
アとイで行う治療の組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
ア イ
a 暫間固定———-フラップ手術
b 歯肉切除術——–ヘミセクション
c 小帯切除術——–義歯装着
d スケーリング——ブリッジ装着
e 口腔清掃指導——永久固定

no image
106C-54 生理学

睡眠で正しいのはどれか。全て選べ。
a 唾液分泌量が減少する。
b 睡眠の深さで脳波が変化する
c 老化に伴って深い睡眠が増加する。
d REM睡眠では眼球運動が減少する。
e 新生児では10歳児よりもREM睡眠の割合が少ない。

no image
105A-118 歯周病学

歯肉退縮に関連して起こるのはどれか。1つ選べ。
a 角化歯肉の増加
b セメント質の肥厚
c 象質の知覚過敏
d ポケット深さの増加
e アタッチメントの獲得

no image
98A-47 歯周病学

生理的な加齢変化はどれか。2つ選べ。
a 歯髄腔の拡大
b 歯根膜腔の拡大
c セメント質の肥厚
d 歯冠の変色
e 歯根の短小化

no image
歯周病学

生物学的幅径は何mmですか。1つ選べ。
a 1mm
b 2mm
c 3mm
d 4mm
e 5mm

no image
105A-87 歯周病学

高度の歯槽骨吸収を特徴とする疾患はどれか。2つ選べ。
a 類天疱瘡
b 歯肉線維腫症
c 低ホスファターゼ症
d Papillon-Lefèvre 症候群
e 全身性エリテマトーデス

no image
103C-63 歯周病学

シャーピー線維が認められるのはどれか。全て選べ。
a 歯根膜
b 固有歯槽骨
c 支持歯槽骨
d 無細胞性線維性セメント質
e 細胞性固有線維性セメント質

no image
89B-20 歯周病学

歯肉縁下のスケーリングについて正しいのはどれか。2つ選べ。
a 超音波スケーラーはチップを歯面に強く加圧する。
b 深いポケットには鎌型スケーラーが適する。
c 支持点は処置歯から離れた位置に確保する。
d 硬い歯石にはストロークを小さくし力を入れる。
e スケーラーの刃部で根面の硬さを探りながら行う。