闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

90A-34 歯科理工学

鋳造用金合金および金合金ADA規格値のうちで最も融解温度の低いのはどれか。
a 陶材焼付用金合金
b 金合金タイプⅠ
c 金合金タイプⅡ
d 金合金タイプⅢ
e 金合金タイプⅣ

解答 e

解説

      2014/08/13

 - 歯科理工学, 90回 A問題

Message

  関連記事

no image
歯科理工学

付加型シリコーンラバー印象材について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 永久ひずみはポリエーテルラバー印象材より大きい。
b 効果時間はポリサルファイドラバー印象材より長い。
c 寸法変化は縮合型シリコーンラバー印象材より大きい。
d 弾性ひずみはポリサルファイドラバー印象材より小さい。
e 硬化時間への温度の影響は縮合型シリコーンラバー印象材より小さい。

no image
103C-34 歯科理工学

熱伝導係数が最も大きいのはどれか。1つ選べ。
a 金合金
b PMMA
c 金属焼付用陶材
d コンポジットレジン
e モデリングコンパウンド

no image
105A-77 歯科理工学

引張強さが最も大きいのはどれか。1つ選べ。
a 陶 材
b タイプ3金合金
c 歯科用アマルガム
d コンポジットレジン
e グラスアイオノマーセメント

no image
105C-73 歯科理工学

金属焼付用陶材について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 主成分は長石である。
b 中温焼成陶材に分類される。
c 焼成すると約50 %収縮する。
d ファンデルワールス力が焼付強さの主体である。
e 熱膨張係数は陶材焼付用合金よりわずかに大きい。

no image
歯科理工学

硬さが最も大きい修復用材料はどれか。1つ選べ。
a 象牙質
b 純チタン
c チタン合金
d アクリルレジン
e リン酸亜鉛セメント

no image
105A-113 歯科理工学

歯質接着性モノマーはどれか。2つ選べ。
a MDP
b UDMA
c MAC-10
d Bis-GMA
e DMAEMA

no image
104C-126 歯科理工学

セラミックスに接着するのはどれか。1つ選べ。
a MMA
b γ-MPTS
c Bis-GMA
d TEGDMA
e Bis-MEPP

no image
87A-24 歯科理工学

石膏系埋没材の混水比(W/P)を小さくした時の変化で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 硬化時間が長くなる。
b 硬化膨張が小さくなる。
c 吸水膨張が大きくなる。
d 加熱膨張が小さくなる。
e 鋳型の通気性が良くなる。

no image
歯科理工学

ハイドロコロイド印象材につ共通するのはどれか。全て選べ。
a 硬化にカルシウムイオンが関与する。
b 空気中に放置すると収縮する。
c 石膏の硬化を遅延させる。
d 弾性回復が良好である。
e 弾性ひずみが小さい。

no image
102B-7 歯科理工学

全部床義歯製作における顎間関係記録で咬合堤の調整に用いるのはどれか。1つ選べ。
a シートワックス
b パラフィンワックス
c スティッキーワックス
d ユーティリティワックス
e レディーキャスティングワックス