闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105A-30 口腔外科学

口唇・口蓋裂の発症を説明する有力な学説はどれか。1つ選べ。
a 細菌感染説
b 放射線被曝説
c 染色体異常説
d 多因子しきい説
e ウイルス感染説

解答 d

解説

      2014/08/30

 - 口腔外科学, 105回 A問題

Message

  関連記事

no image
105A-96 口腔外科学

Sjögren症候群の診断に用いる検査はどれか。すべて選べ。
a ガム試験
b 口唇腺生検
c パッチテスト
d 抗SS-B抗体検査
e Bence Jones タンパク検査

no image
105A-61 歯科矯正学

矯正装置について正しい組合せはどれか。1つ選べ。
a ヘッドギア - 持続的な力 - 顎外固定
b チンキャップ - 間歇的な力 - 顎内固定
c 急速拡大装置 - 断続的な力 - 顎間固定
d リンガルアーチ - 持続的な力 - 顎内固定
e 上顎前方牽引装置 - 間歇的な力 - 顎間固定

no image
105A-90 口腔衛生学

フッ化物配合歯磨剤の齲蝕予防効果を高めるための指導内容で適切なのはどれか。1つ選べ。
a 低濃度フッ化物歯磨剤を選択する。
b 歯磨剤は米粒大で使用する。
c ブラッシング途中の吐出を制限する。
d ブラッシング終了時に多数回洗口する。
e ブラッシング終了直後に飲食する。

no image
105A-58 口腔外科学

エックス線写真(別冊No.5A,B)とH-E 染色病理組織像(別冊No.5C)とを別に示す。
この疾患によくみられるのはどれか。2つ選べ。
a 骨浸潤
b 神経浸潤
c 娘囊胞の形成
d 石灰化物の形成
e 明瞭な被膜の形成

no image
105C-64 口腔外科学

10 歳の男児。腫脹と消退とを繰り返す病変部の写真別冊No. 6を別に示す。
手術時に再発防止のために行うのはどれか。1つ選べ。
a 創部圧迫
b 粘膜下縫合
c ドレーン挿入
d 小唾液腺摘出
e マットレス縫合

no image
105A-21 クラウンブリッジ学

接着性レジンセメントを用いて全部鋳造冠を合着することとした。保持力を高めるために最も有効な冠内面処理はどれか。1つ選べ。
a リン酸処理
b クエン酸処理
c シランカップリング処理
d 次亜塩素酸ナトリウム処理
e アルミナサンドブラスト処理

no image
105C-82 口腔外科学

Fallot 四徴症患者の抜歯前にアモキシシリン水和物を投与して予防するのはどれ か。1つ選べ。
a 心不全
b 不整脈
c 低酸素発作
d 狭心症発作
e 感染性心内膜炎

no image
105C-44 口腔外科学

Hunt 症候群でみられる症状はどれか。 2つ選べ。
a 舌 痛
b 難 聴
c 視力障害
d 鼻唇溝消失
e 上唇知覚鈍麻

no image
105A-8 全部床義歯学

高齢無歯顎患者の誤嚥防止に関して、印象採得時の対応で正しいのはどれか。1つ選べ …

no image
105A-57 小児歯科学

歯科治療のため受診した幼児で虐待を疑うべき所見はどれか。1つ選べ。
a 反対咬合がみられる。
b 異常嚥下癖がみられる。
c 舌小帯の肥厚がみられる。
d 保隙装置を装着している。
e 複数の皮下出血がみられる。