闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

105A-106 部分床義歯学

床下粘膜支持を高める印象法はどれか。1つ選べ。
a 無圧印象
b 咬合圧印象
c 解剖学的印象
d ポストダミング
e ウォッシュインプレッション

解答 b

解説

      2014/11/14

 - 部分床義歯学, 105回 A問題

Message

  関連記事

no image
105A-84 口腔外科学

左側頰粘膜前方部に 15 × 10mmの硬結を認め、平上皮癌と診断された。頰筋への浸潤はみられない。画像検査で所属リンパ節と他臓器への転移は認めない。病期はどれか。1つ選べ。
a Stage 0
b Stage Ⅰ
c Stage Ⅱ
d Stage Ⅲ
e Stage Ⅳ

no image
105A-18

貧血を判断できるのはどれか。1つ選べ。
a 顔面の浮腫
b 皮膚の乾燥感
c 顔面の知覚変化
d 眼瞼結膜の色調
e 顔面皺線の深さ

no image
105A-66 全部床義歯学

下顎全部床義歯再製作中のある過程の写真(別冊No.6)を別に示す。
次に行うのはどれか。1つ選べ。
a 筋圧形成
b 咬合調整
c 床粘膜面の印象
d フラスクへの埋没
e Tenchのコアの採得

no image
105A-108 クラウンブリッジ学

オベイト型ポンティックについて正しいのはどれか。2つ選べ。
a 粘膜非接触型である。
b 基底面は陶材を用いる。
c 大臼歯部が適応である。
d 抜歯直後に適用可能である。
e 歯間乳頭の形態回復に優れる。

no image
104C-129 部分床義歯学

KennedyI級とII級の症例で大連結子に弾力性に富む高分子材料を用いた場合に生じる不都合とはどれか。 すべて選べ。
a 構音障害
b 審美性の低下
c 床下粘膜負担圧の偏在
d 咀嚼時の義歯安定の低下
e 直接支台装置の負担増加

no image
105A-30 口腔外科学

口唇・口蓋裂の発症を説明する有力な学説はどれか。1つ選べ。
a 細菌感染説
b 放射線被曝説
c 染色体異常説
d 多因子しきい説
e ウイルス感染説

no image
105A-45 部分床義歯学

義歯設計の模式図(別冊No.2)を別に示す。
矢印が示す支台装置の機能はどれか。1つ選べ。
a 義歯の破折防止
b 着脱方向の規定
c 義歯の剛性の向上
d 粘膜支持力の向上
e 遊離端部の浮き上がり防止

no image
105A-40 小児歯科学

自閉症児に歯科治療の手順を説明するのに有効なのはどれか。2つ選べ。
a TEACCH法
b タイムアウト法
c Tell-Show-Do法
d フラッディング法
e レスポンスコスト法

no image
105A-29 病理学

粘液の染色に用いるのはどれか。1つ選べ。
a PAS染色
b Grocott染色
c SudanⅢ染色
d Congo-Red染色
e Ziehl-Neelsen染色

no image
105A-31 歯科麻酔学

患者が意識を失って倒れた際に、静脈路を確保する目的はどれか。1つ選べ。
a 輸 血
b 薬物投与
c 血液検査
d 栄養補給
e 中心静脈圧測定