闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

口腔外科

歯原性上皮で歯原性外胚葉性間様組織を伴い、硬組織形成をみるもの、あるいはみないもの。2つ選べ。
a 歯芽腫
b 歯原性粘液種
c 角化嚢胞性歯原性腫瘍
d 石灰化嚢胞性歯原性腫瘍
e 石灰化上皮性歯原性腫瘍

解答 a d

解説
①歯原性上皮からなり、成熟した線維性間質を伴い、歯原性外胚葉性間様組織を伴わないもの

  • エナメル上皮腫
  • 腺腫瘍歯原性腫瘍
  • 角化嚢胞性歯原性腫瘍
  • 石灰化上皮性歯原性腫瘍

②歯原性上皮で歯原性外胚葉性間様組織を伴い、硬組織形成をみるもの、あるいはみないもの

  • エナメル上皮線維腫
  • 歯芽腫
  • 石灰化嚢胞性歯原性腫瘍

③間葉性あるいは歯原性外胚葉性間葉組織で、歯原生上皮をみるもの、あるいはみないもの

  • 歯原性粘液種
  • 歯原性線維腫
  • セメント芽細胞腫

      2014/06/23

 - 口腔外科学, 演習問題

Message

  関連記事

no image
薬理学

経口投与が有効な薬物はどれか。1つ選べ。
a モルヒネ
b インスリン
c d-ツボクラルン
d ベンジルペニシリン
e ストレプトマイシン

no image
105A-30 口腔外科学

口唇・口蓋裂の発症を説明する有力な学説はどれか。1つ選べ。
a 細菌感染説
b 放射線被曝説
c 染色体異常説
d 多因子しきい説
e ウイルス感染説

no image
105C-11 口腔外科学

上皮内水疱を形成するのはどれか。1つ選べ。
a 熱 傷
b 類天疱瘡
c 尋常性天疱瘡
d 口腔平苔癬
e 多形滲出性紅斑

no image
86A-19 改 薬理学

経口投与が有効な薬物はどれか。2つ選べ。
a モルヒネ
b インスリン
c d-ツボクラルン
d ミノサイクリン
e ベンジルペニシリン

no image
105C-101 口腔外科学

生体活性を示すのはどれか。 2つ選べ。
a チタン
b アルミナ
c ジルコニア
d ハイドロキシアパタイト
e TCP<リン酸三カルシウム>

no image
105C-110 口腔外科学

歯原性上皮と歯原性外胚葉性間葉とからなるのはどれか。2つ選べ。
a 歯牙腫
b エナメル上皮腫
c 角化囊胞性歯原性腫瘍
d 石灰化上皮性歯原性腫瘍
e 石灰化囊胞性歯原性腫瘍

no image
105A-109 口腔外科学

代謝異常による顎関節疾患はどれか。1つ選べ。
a 下顎頭肥大
b 変形性関節症
c 痛風性顎関節炎
d 滑膜性骨軟骨腫症
e リウマチ性顎関節炎

no image
107A-34 口腔外科

Malgaigne圧痛が見られるのはどれか。1つ選べ。
a 膿 瘍
b 骨 折
c 唾石症
d 三叉神経痛
e リンパ節炎

no image
105A-89 口腔外科学

片側性下顎低形成を示すのはどれか。1つ選べ。
a Down症候群
b Crouzon症候群
c Goldenhar症候群
d Pierre Robin症候群
e Cornelia de Lange症候群

no image
105A-63 口腔外科学

副腎皮質ステロイド軟膏が奏効するのはどれか。2つ選べ。
a 白板症
b 疱疹性口内炎
c 口腔平苔癬
d 口腔カンジダ症
e 慢性再発性アフタ