闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

口腔外科

歯原性上皮で歯原性外胚葉性間様組織を伴い、硬組織形成をみるもの、あるいはみないものはどれか。全て選べ。
a 歯芽腫
b 歯原性線維腫
c 腺腫瘍歯原性腫瘍
d 角化嚢胞性歯原性腫瘍
e 石灰化嚢胞性歯原性腫瘍

解答 a

解説
①歯原性上皮からなり、成熟した線維性間質を伴い、歯原性外胚葉性間様組織を伴わないもの

  • エナメル上皮腫
  • 腺腫瘍歯原性腫瘍
  • 角化嚢胞性歯原性腫瘍
  • 石灰化上皮性歯原性腫瘍

②歯原性上皮で歯原性外胚葉性間様組織を伴い、硬組織形成をみるもの、あるいはみないもの

  • エナメル上皮線維腫
  • 歯芽腫
  • 石灰化嚢胞性歯原性腫瘍

③間葉性あるいは歯原性外胚葉性間葉組織で、歯原生上皮をみるもの、あるいはみないもの

  • 歯原性粘液種
  • 歯原性線維腫
  • セメント芽細胞腫

   

 - 口腔外科学, 演習問題

Message

  関連記事

no image
解剖学

上顎骨に存在するのはどれか。2つ選べ。
a 茎状突起
b 関節突起
c 乳様突起
d 口蓋突起
e 歯槽突起

no image
生化学

飽和脂肪酸はどれか。2つ選べ。
a パルミチン酸
b ステアリン酸
c オレイン酸
d リノール酸
e リノレン酸

no image
105C-75 口腔外科学

口蓋裂新生児で対応を優先すべきなのはどれか。1つ選べ。
a 哺乳障害
b 聴覚障害
c 味覚障害
d 構音障害
e 審美障害

no image
105A-43 口腔外科学

歯性上顎洞炎で上顎洞根治術を施行する際、対孔を形成する部位はどれか。1つ選べ。
a 口 蓋
b 中鼻道
c 下鼻道
d 口腔前庭
e 翼口蓋窩

no image
口腔外科

間葉性あるいは歯原性外胚葉性間葉組織で、歯原生上皮をみるもの、あるいはみないものはどれか。全て選べ。
a 歯芽腫
b 歯原性線維腫
c 腺腫瘍歯原性腫瘍
d 角化嚢胞性歯原性腫瘍
e 石灰化嚢胞性歯原性腫瘍

no image
107A-34 口腔外科

Malgaigne圧痛が見られるのはどれか。1つ選べ。
a 膿 瘍
b 骨 折
c 唾石症
d 三叉神経痛
e リンパ節炎

no image
105C-86 口腔外科学

復位を伴う関節円板前方転位で正しいのはどれか。 1つ選べ。
a 自発痛を伴う。
b 関節雑音を伴わない。
c 最大開口量が制限される。
d 片側性の場合には開口運動路は患側に偏位する。
e パノラマエックス線写真で関節円板の位置を確認する。

no image
103A-120 口腔外科学

下顎水平埋状智歯を除去するときに、損傷に注意すべきなのはどれか。   2つ選べ。
a 舌神経
b 舌咽神経
c 舌下神経
d 下歯槽神経
e 顔面神経下顎縁枝

no image
薬理学

経口投与できる薬物はどれか。全て選べ。
a セファクロル
b オフロキサシン
c トスフロキサシン
d クラリスロマイシン
e ストレプトマイシン

no image
105C-30 口腔外科学

正常なヒト顎関節で中心位において最も前方に位置するのはどれか。1つ選べ。
a 下顎頭
b 下顎窩
c 下関節腔
d 関節隆起
e 関節円板中央狭窄部