闘う!歯科医師国家試験

歯科医師国家試験に必ず合格してやる!

102B-82 歯科理工学

歯科補綴用硬質レジンが長石系陶材より大きい値を示すのはどれか。1つ選べ。
a 硬 さ
b 密 度
c 弾性係数
d 熱伝導率
e 熱膨張係数

解答 e

解説

   

 - 歯科理工学, 102回 B問題

Message

  関連記事

no image
103C-34 歯科理工学

熱伝導係数が最も大きいのはどれか。1つ選べ。
a 金合金
b PMMA
c 金属焼付用陶材
d コンポジットレジン
e モデリングコンパウンド

no image
100B-38 歯科理工学

ブリッジ製作時の咬合面コア採得用材料で適切なのはどれか。1つ選べ。
a 印象用石膏
b 印象用ワックス
c アルジネート印象材
d インプレッションコンパウンド
e パテタイプシリコーンゴム印象材

no image
105A-111 歯科理工学

陶材焼成時に減圧する目的で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 切削性の向上
b 接着力の増加
c 透明度の向上
d 適合性の向上
e 形態再現性の向上

no image
103A-67 歯科理工学

通常の酸化亜鉛ユージノールセメントに対する根管充填用の酸化亜鉛ユージノー ルセメントの特徴はどれか。 2つ選べ。
a 硬化時に膨張する。
b 粉末の粒子が細かい。
c エックス線透過性である。
d 硬化時間が長めに調整されている。
e 根尖歯周組織に対して非刺激性である。

no image
歯科理工学

硬さが最も大きい修復用材料はどれか。1つ選べ。
a 陶 材
b Co-Cr合金
c エナメル質
d アクリルレジン
e コンポジットレジン

no image
105A-77 歯科理工学

引張強さが最も大きいのはどれか。1つ選べ。
a 陶 材
b タイプ3金合金
c 歯科用アマルガム
d コンポジットレジン
e グラスアイオノマーセメント

no image
103A-51 歯科理工学

通常のコンポジットレジンと比べてフロアブルレジンが優れているのはどれか。1つ選べ。
a 研磨性
b 耐磨耗性
c 形態付与性
d 色の再現性
e 窩洞へのぬれ性

no image
歯科理工学

硬さが最も大きい修復用材料はどれか。1つ選べ。
a 象牙質
b 純チタン
c チタン合金
d アクリルレジン
e リン酸亜鉛セメント

no image
105A-77 歯科理工学

引張強さが最も大きいのはどれか。1つ選べ。
a 陶 材
b タイプ3金合金
c 歯科用アマルガム
d コンポジットレジン
e グラスアイオノマーセメント

no image
103C-56 歯科理工学

レジン添加型グラスアイオノマーセメントに用いられるのはどれか。1つ選べ。
a MDP
b HEMA
c 4-AET
d MAC-10
e 4-META